コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石鏃 せきぞく

7件 の用語解説(石鏃の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石鏃
せきぞく

石製の鏃 (やじり) 。黒曜石,ケイ岩,安山岩粘板岩などの各種の石でつくられている。打製と磨製がある。日本では縄文時代弥生時代を通じて存在する。石鏃は大きく分けて,有茎,無茎,柳葉形がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せき‐ぞく【石×鏃】

石で作った鏃(やじり)。日本では縄文時代には主として狩猟のために用い、弥生時代には武器としての矢にも使った。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

石鏃【せきぞく】

矢の先端につけて用いる小型の石器。一般に新石器時代に始まったものと考えられる。打製と磨製があるが,打製が一般的。茎(なかご)の有無により,有茎鏃,無茎鏃,中間(柳葉)鏃に分けられ,先の平らなものを直剪鏃という。
→関連項目高地性集落石器鉄鏃尖石遺跡磨製石器吉胡貝塚

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

防府市歴史用語集の解説

石鏃

 石のやじりのことです。主に縄文時代から弥生時代にかけて見られます。1cm程度の小さなものから、5cmくらいの大きなものまで様々です。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せきぞく【石鏃】

矢のさきに用いる小型の石器。通常便宜的に,長さが5cm以下で重さが5gまでのものを石鏃と呼び,それ以上のものを石銛,石槍と呼びわけている。世界中の新石器時代以降の遺跡から出土する。弓の出現は矢柄の発見例からみて後期旧石器時代最終末ごろであるが,石鏃の出現がそこまでさかのぼるかどうかには諸説がある。石鏃は全世界的に両面から押圧剝離を加えた打製のものが一般的であるが,中国では新石器時代当初から磨製石鏃を用いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せきぞく【石鏃】

矢じりとして用いられた石器。日本では縄文・弥生時代に見られる。矢の根石。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石鏃
せきぞく

矢の先端につける石製の鏃(やじり)。日本では縄文時代に出現し普及する。すべて打製によるもので、黒曜石、珪岩(けいがん)、硬質頁岩(けつがん)、サヌカイトなどの硬くて打ち欠きやすい石材が選ばれている。長さ2センチメートル前後のものが普通である。有茎のものと無茎のものとがあり、形にはさらにバラエティーが目だつ。石鏃は、矢柄(やがら)に装着するが、その際鹿角(ろっかく)製の根ばさみが使われることもあった。また、固着剤としてアスファルトが利用された。漆の使われた可能性もある。矢柄材は、竹が一般的であったと考えられる。その片鱗(へんりん)も発見されている。石鏃が射込まれたままの人骨片(尺骨、愛知県伊川津(いかわづ)貝塚例)やシカの坐骨(ざこつ)(静岡県蜆塚(しじみづか)貝塚例)などが知られ、これらから石鏃の威力と限界を察知できる。
 弥生(やよい)時代には、打製とともに磨製の石鏃が発達した。北九州の出土品は長い茎(なかご)と縞(しのぎ)をもち、南朝鮮のものと酷似する。他は両側縁の張った二等辺三角形を呈し、底辺寄りの中央部に一孔をもつ。ともに粘板岩製が多い。実用品でないケースも考えられる。[岡本 勇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の石鏃の言及

【弥生文化】より

…さらにこの時期の集落遺跡が,福岡県糸島郡前原町曲リ田で発掘されている。これら3遺跡が示す文化では,水稲耕作が行われており,遺物としては縄文文化の伝統をひく土器(ただし壺が多いことは弥生土器的性格),石器,装身具(玉類)とともに,それまで弥生文化に特有とされてきた大陸系の磨製石斧3種類,石庖丁,朝鮮製の有柄式磨製石剣・磨製石鏃,装身具(管玉(くだたま))も存在している。したがって冒頭の定義を掲げる立場では,これらをためらうことなく弥生文化の遺跡と認定する。…

※「石鏃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石鏃の関連キーワード凹石焜炉サブザックセカンドバッグデイパック手万力便宜的味噌漉しフルーツフォーク宮崎県宮崎市矢の先町

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石鏃の関連情報