コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緩和マネー かんわまねー

2件 の用語解説(緩和マネーの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

緩和マネー

中央銀行が行う金融緩和策によって、市場に流出した金銭のこと。金融緩和マネーとも言われる。日本では、2013年4月初めに方針決定された日本銀行(日銀)の大規模な金融緩和(異次元の金融緩和)の結果、膨大な緩和マネーが生じ、急速な株価上昇をもたらした。米国でもかねてより金融緩和を推進していたが、同年5月22日、米連邦準備制度理事会議長が金融緩和の縮小に言及。これにより緩和マネーの行方が混沌とし、同年6月初旬には日本の株価乱高下を導いた。

(2013-6-7)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんわ‐マネー〔クワンワ‐〕【緩和マネー】

中央銀行が景気を活性化するために行う金融緩和策によって市場に供給した資金。金融緩和マネー。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

緩和マネーの関連キーワード外貨金融金融相場量的緩和異次元の金融緩和時間軸効果信用緩和インターバンク市場(Inter-Bank Market)公開市場操作(open market operation)中央銀行(Central Bank)量的緩和政策

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

緩和マネーの関連情報