金融緩和(読み)きんゆうかんわ

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

金融緩和

日本銀行(中央銀行)が不況時に景気底上げのために行う金融政策の1つ。金融緩和政策ともよばれる。景気が悪化したとき、国債を買い上げたり政策金利預金準備率を引き下げたりすることによって通貨供給量を増やし、資金調達を容易にする政策をさす。また、国債や手形の買い上げによって通貨供給量を増やす政策を、特に量的金融緩和政策(量的緩和)という。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

金融緩和

中央銀行(日銀)が金利を引き下げて、人々や企業がお金を借りやすくすること。08年のリーマン・ショック以降、世界の先進国で金利はほぼゼロとなった。そのため、各国の中央銀行は国債などを市場から買い上げ、さらにお金を市場に大量に流し込む政策をとっている。金融緩和には、政府の安易な借金を助長しているという批判がある。

(2015-11-27 朝日新聞 朝刊 4総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

きんゆう‐かんわ〔‐クワンワ〕【金融緩和】

金融市場資金の供給が需要を上回り、資金調達が容易になった状態。⇔金融逼迫(ひっぱく)
中央銀行が景気を刺激するためにとる政策。短期金利の誘導目標(政策金利)を引き下げ、市中への資金供給量を増やす。これにより中長期金利も低下し、企業や家計への融資が拡大したり、株価・為替相場などが変動したりすることによって、経済の活性化が促される。⇔金融引き締め
[補説]短期名目金利が0パーセント近くまで低下し、政策金利の引き下げによる金融緩和が困難な場合には、量的緩和信用緩和などの非伝統的金融政策が導入されることがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

金融緩和【きんゆうかんわ】

中央銀行が景気を刺激するためにとる金融政策で,短期金利の誘導目標を引き下げ,市中への資金供給量を増やす低金利政策が伝統的な手法とされてきた。短期金利引き下げにより中長期金利も低下し企業や家計への融資拡大,株価・為替相場などが変動したりすることによって経済の活性化が促される。しかし,短期名目金利が0%にまで低下し政策金利の引き下げによる金融緩和が困難な場合には量的緩和や信用緩和などの金融緩和政策が導入されることがある。2000年代の日本経済は日本銀行が低金利政策をとり続けていながら,デフレ状態を脱却できず,円高の影響も加わって不況感を抜け出せない状況が続いた。2012年12月に発足した第二次安倍晋三内閣は経済の再活性化を政権の第一目標としていわゆるアベノミクスを提起,日銀にさらなる金融緩和を迫った。2013年3月に就任した黒田東彦日銀総裁は,大胆な量的緩和を骨子とする金融緩和策を打ち出し,マネタリーベース(日銀から金融機関に流す金)を2012年末の138兆円から2014年末には270兆円と一気に倍増させると発表。投資信託や国債の買い入れ枠を大幅に緩和する方針を提示した。また2%の物価安定目標を実現し,安定的に持続させるために必要な金融緩和を継続するとした。為替市場と証券市場はこれに敏感に反応し,円安・株価高に転じている。2013年12月末にはマネタリーベースは200兆円を突破した。デフレ状態からの脱却という目標については,2014年2月末の消費者物価指数(生鮮食品を除く)が前年同月比で1.3%となり,2014年1月の三大都市圏の地価公示価格は住宅地前年比0.5%,商業地1.6%上昇となるなど効果が出ているとの評価もあった。しかし企業が政権の促す賃金上昇に十分に応じているとはいえない。さらに,2014年4月の消費増税,円安の固定化による輸入品の値上がり,原油価格の値下がり等々の影響も加わり,消費動向は停滞したままとなっている。こうした状況をふまえ日銀は,2014年10月末,30兆円の追加緩和策を発表,さらに金融緩和策を続ける構えである。→量的緩和
→関連項目アベノミクスインフレターゲットGPIF

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きんゆうかんわ【金融緩和】

金融市場において資金供給が資金需要に比べて過大となり、資金調達が容易になる状態。季節的要因によるものと景気変動によるものとがある。 ⇔ 金融逼迫
景気を刺激するために、通貨当局が公定歩合・支払準備率の引き下げ、買いオペレーションなどの金融政策によって通貨量を増大させ、資金需要を刺激すること。 ⇔ 金融引き締め

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きんゆう‐かんわ ‥クヮンワ【金融緩和】

〘名〙 景気の後退を防ぎ、その回復をはかるために、中央銀行が金利政策や公開市場操作などの手段により、金融市場での資金需給の関係を調節して、資金の調達を楽にすること。また、そういう状態になること。⇔金融引締め

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金融緩和の関連情報