コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金融緩和 きんゆうかんわ

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

金融緩和

日本銀行(中央銀行)が不況時に景気底上げのために行う金融政策の1つ。金融緩和政策ともよばれる。景気が悪化したとき、国債を買い上げたり政策金利預金準備率を引き下げたりすることによって通貨供給量を増やし、資金調達を容易にする政策をさす。また、国債や手形の買い上げによって通貨供給量を増やす政策を、特に量的金融緩和政策(量的緩和)という。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

金融緩和

中央銀行(日銀)が金利を引き下げて、人々や企業がお金を借りやすくすること。08年のリーマン・ショック以降、世界の先進国で金利はほぼゼロとなった。そのため、各国の中央銀行は国債などを市場から買い上げ、さらにお金を市場に大量に流し込む政策をとっている。金融緩和には、政府の安易な借金を助長しているという批判がある。

(2015-11-27 朝日新聞 朝刊 4総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

きんゆう‐かんわ〔‐クワンワ〕【金融緩和】

金融市場資金の供給が需要を上回り、資金調達が容易になった状態。⇔金融逼迫(ひっぱく)
中央銀行が景気を刺激するためにとる政策。短期金利の誘導目標(政策金利)を引き下げ、市中への資金供給量を増やす。これにより中長期金利も低下し、企業や家計への融資が拡大したり、株価・為替相場などが変動したりすることによって、経済の活性化が促される。⇔金融引き締め
[補説]短期名目金利が0パーセント近くまで低下し、政策金利の引き下げによる金融緩和が困難な場合には、量的緩和信用緩和などの非伝統的金融政策が導入されることがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

金融緩和【きんゆうかんわ】

中央銀行が景気を刺激するためにとる金融政策で,短期金利の誘導目標を引き下げ,市中への資金供給量を増やす低金利政策が伝統的な手法とされてきた。短期金利引き下げにより中長期金利も低下し企業や家計への融資拡大,株価・為替相場などが変動したりすることによって経済の活性化が促される。
→関連項目アベノミクスインフレターゲットGPIF

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

外国為替用語集の解説

金融緩和

金利を下げて通貨供給量を増やし、経済活動を刺激すること。モノの売買生産が沈滞する不況のときに行われる金融政策。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

きんゆうかんわ【金融緩和】

金融市場において資金供給が資金需要に比べて過大となり、資金調達が容易になる状態。季節的要因によるものと景気変動によるものとがある。 ↔ 金融逼迫
景気を刺激するために、通貨当局が公定歩合・支払準備率の引き下げ、買いオペレーションなどの金融政策によって通貨量を増大させ、資金需要を刺激すること。 ↔ 金融引き締め

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

金融緩和の関連キーワード量的緩和第2弾(QE2=Quantitative Easing 2)マンデル‐フレミングモデル金融引き締め・金融引締めアベノミクスと九州経済日本銀行の異次元緩和ステルステーパリング量的・質的金融緩和バランスシート不況安倍政権の成長戦略マイナス金利政策ヘリコプターベン異次元の金融緩和リフレーション緊急経済対策日銀トレードテーパリングクルーグマン安倍晋三内閣バーナンキ異次元緩和

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金融緩和の関連情報