コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縁切り寺 エンキリデラ

デジタル大辞泉の解説

えんきり‐でら【縁切り寺】

江戸時代、妻がそこに駆け込み、一時在住すると離婚できた尼寺。中期以降は鎌倉の東慶寺上州満徳寺に限られた。駆け込み。駆け入り寺。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えんきりでら【縁切り寺】

江戸時代、夫のことで苦しむ女などが駆け込み、足掛け三年在寺すれば離婚できるという特権を有していた寺。鎌倉の東慶寺、上野こうずけ国新田郡の満徳寺が有名。駆け込み寺。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

縁切り寺の関連キーワード駆け込み・駆込み・駈け込み駆け込み寺・駆込み寺駆込み寺江戸時代駆込み特権通称

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

縁切り寺の関連情報