コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東慶寺 とうけいじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東慶寺
とうけいじ

鎌倉市山ノ内にある臨済宗の寺。弘安8 (1285) 年北条時宗後室である覚山尼創建。俗に縁切寺または駆込寺という。横暴な夫と結ばれた不幸な婦人を救うために,そのような婦人がこの寺に入って3年間仏事を修めれば,夫との縁が切れ独立できることを寺法とし,勅許を得て後世長く行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とうけい‐じ【東慶寺】

神奈川県鎌倉市にある臨済宗円覚寺派の寺。山号は松岡山(しょうこうざん)。鎌倉尼五山の一。開創は弘安8年(1285)、開山は北条時宗の妻覚山尼。覚山尼の定めた「縁切寺法」により、離縁を望む女人救済の寺として、特に江戸時代縁切り寺・駆け込み寺として知られた。明治36年(1903)から僧寺松ヶ岡御所。→縁切り寺

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

東慶寺【とうけいじ】

鎌倉市山ノ内にある臨済宗円覚寺派の尼寺本尊釈迦如来。1285年北条時宗の後室,覚山尼の開創。縁切の寺法をたてて勅許を得,江戸時代には,豊臣秀頼の娘天秀尼が徳川家康から認可を受け,江戸時代を通じて縁切寺の特権を維持。
→関連項目満徳寺

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

東慶寺

神奈川県鎌倉市にある寺院。1285年創建。臨済宗円覚寺派。本尊は釈迦如来。江戸時代、幕府公認の縁切寺のひとつとして知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうけいじ【東慶寺】

神奈川県鎌倉市にある臨済宗円覚寺派の寺。松岡山東慶総持禅寺といい,松岡御所とも称された。北条貞時開基覚山志道尼(北条時宗後室)を開山として,1285年(弘安8)開創と伝える。中興開山は20世天秀法泰尼(豊臣秀頼の娘)と伝える。江戸時代の寺領は112貫380文。この寺は代々尼僧が住職をついでおり,そのため女性の悩みを持ちこまれることが多く,江戸時代には俗に〈縁切寺〉〈駆込寺〉と呼ばれた。寺法によれば,〈かけこみ女〉が3年間寺に身をおけば離縁ができることになっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とうけいじ【東慶寺】

鎌倉市山内にある臨済宗円覚寺派の寺。山号、松岡山。鎌倉尼五山の一。1285年北条時宗の妻覚山尼の開創。江戸時代、縁切り寺・駆け込み寺として離縁を望む女性の保護と救済に当たった。明治後期尼寺から僧寺へ変わった。松ヶ岡御所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東慶寺
とうけいじ

神奈川県鎌倉市山ノ内にある臨済(りんざい)宗円覚(えんがく)寺派の寺。松岡山(しょうこうざん)と号し、松ヶ岡御所(まつがおかごしょ)とも、また俗に縁切寺(えんきりでら)、駆入(かけいり)寺、駆込(かけこみ)寺などともよばれた。本尊は釈迦如来(しゃかにょらい)。開山は北条時宗(ときむね)の夫人覚山志道尼(かくざんしどうに)(覚山尼(かくざんに))、開基はその子の北条貞時(さだとき)。1284年(弘安7)北条時宗が亡くなると、夫人潮音院殿(ちょうおんいんでん)は落飾して覚山尼と称し、翌85年この寺を開創建した。代々、足利(あしかが)氏出身の息女が多く尼住持となって法燈(ほうとう)を守り続け、室町時代には鎌倉尼五山第二に列し、1902年(明治35)まで男子禁制の尼寺であった。5世の用堂尼(ようどうに)は後醍醐(ごだいご)天皇の息女で、このときから松ヶ岡御所と称されたという。覚山尼は、不法な夫に苦しむ女性を救おうとして、女性が一度この寺に駆け込み3年間寺奉公をすれば自動的に離婚が成立するという縁切寺法を定め、わが子の北条貞時に申請して勅許されたといわれる。20世の天秀尼(てんしゅうに)は豊臣秀頼(とよとみひでより)の息女で、大坂落城ののち当寺に入り、よく寺法を守ったという。江戸時代には相模(さがみ)や関東各地からこの寺に駆け込む女性が多く、「松ヶ岡男の意地をつぶすこと」「縁なき衆生(しゅじょう)を済度(さいど)する松ヶ岡」などと川柳(せんりゅう)に多く詠まれた。江戸時代には寺領120貫で建長寺より多く、鎌倉では建長寺、円覚寺とともに三大寺と称された。明治以後、寺法は廃され、円覚寺管長釈宗演(しゃくそうえん)が中興して僧寺となった。寺宝には、木造聖観音(しょうかんのん)立像、初音蒔絵(はつねまきえ)火取母、葡萄(ぶどう)蒔絵螺鈿(らでん)聖餅箱(以上、国重要文化財)などのほか寺法関係の文書がある。境内には山門、庫裡(くり)、書院泰平殿、水月堂などがあり、境内奥の墓地には、用堂尼・天秀尼などの墓のほか、西田幾多郎(きたろう)、岩波茂雄、太田水穂(みずほ)、田村俊子(としこ)、鈴木大拙(だいせつ)、和辻(わつじ)哲郎など学者・文化人の墓が多い。裏山には鈴木大拙創立の松ヶ岡文庫がある。花の寺としても名高い。[菅沼 晃]
『井上禅定著『駈込寺東慶寺史』(1980・春秋社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の東慶寺の言及

【アジール】より

… 江戸時代,アジールはわずかに縁切寺と火元入寺の制にその名ごりをとどめた。縁切寺としては鎌倉の東慶寺と上州世良田の満徳寺の二寺のみが黙許されていたが,東慶寺は江戸時代の中期にも助命嘆願の女性を救済した例がある。離縁を願って駆け込む妻が追手に捕らわれそうになったとき草履など身につけていた物を門内に投げ入れると入寺したとみなされたが,これは駆込みと同時にアジール権が発動されたことを端的に語っている。…

【縁切寺】より

…離縁状を交付しない夫に対して,妻(側)からの離婚請求権は法律上きわめて限定されていたが,その一つに縁切寺への駆込みがあった。縁切寺はアジールの残存と考えられ,江戸時代初期尼寺には一般に縁切寺的機能があったと思われるが,中期以降になると鎌倉松ヶ岡の東慶寺と上州(群馬県)勢多郡徳川郷の満徳寺の2ヵ寺のみに限られた。両寺が江戸時代を通じて縁切寺たりえたのは,徳川家康の孫娘千姫にかかわる由緒による。…

【駆込】より

…日本の中世・近世社会に広く見られるものである。江戸時代,鎌倉松ヶ岡の東慶寺や上野国世良田の満徳寺が縁切寺として,寺内へ駆け込んだ女性に離婚の成立する慣行があったことはよく知られている。また奥州の守山藩では罪を犯した百姓たちが,その菩提寺などに駆け入り,〈寺抱え〉となることによって藩の処罰をうけずにすむ慣行が存在していた。…

※「東慶寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

東慶寺の関連キーワード駆込み女と駆出し男円覚寺(神奈川県)神奈川県鎌倉市穂積 重遠長崎高重アジール覚海円成尼寺五山鈴木大拙南蛮美術旭山法暘天秀法泰縁切り津久井釈宗演伊藤春松ヶ岡三渓園浄念尼木下春

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東慶寺の関連情報