縁紫蘇(読み)ゆかりじそ

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆかり‐じそ【縁紫蘇】

〘名〙 (「ゆかり」は「ゆかりの色」で、紫のこと) 梅干を漬ける時に、いっしょに漬け込んだ紫蘇の葉を乾燥させて粉にしたもの。飯や握り飯にふりかけたり、菓子に加えたりする。ゆかり。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる