コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫蘇(読み)シソ

デジタル大辞泉の解説

し‐そ【紫×蘇】

シソ科の一年草。茎は四角柱、葉は広卵形で暗紫色。夏から秋に、淡紫色の唇形の小花を総状につける。全草に強い香りがあり、アカジソアオジソ・カタメンジソなどの品種がある。梅干しの着色などに使い、実は塩漬けにして食する。葉を漢方で解熱・鎮痛・健胃薬などに用いる。シソ科植物は約3500種が主に暖帯・温帯に分布し、草本または木本。ハッカウツボグサなども含まれる。ちそ。 夏 芽=春 実=秋》「―濃き一途に母を恋ふ日かな/波郷

ち‐そ【×蘇】

しそ(紫蘇)」の音変化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しそ【紫蘇】

シソ科の一年草。中国原産。高さ50センチメートル 内外。葉は広卵形。夏から秋に、花穂に淡紅色の小花を密につけ、小果を結ぶ。葉・実は香りがよく食用にし、赤紫蘇の葉は漬物の着色に使う。青紫蘇・赤紫蘇・縮緬ちりめん紫蘇などの品種がある。ちそ。 [季] 夏。 〔「紫蘇の実」は [季] 秋〕

ちそ【紫蘇】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

紫蘇 (シソ)

学名:Perilla frutescens var.crispa
植物。シソ科の一年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

紫蘇の関連情報