コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫蘇 シソ

デジタル大辞泉の解説

し‐そ【紫×蘇】

シソ科の一年草。茎は四角柱、葉は広卵形で暗紫色。夏から秋に、淡紫色の唇形の小花を総状につける。全草に強い香りがあり、アカジソアオジソ・カタメンジソなどの品種がある。梅干しの着色などに使い、実は塩漬けにして食する。葉を漢方で解熱・鎮痛・健胃薬などに用いる。シソ科植物は約3500種が主に暖帯・温帯に分布し、草本または木本。ハッカウツボグサなども含まれる。ちそ。 夏 芽=春 実=秋》「―濃き一途に母を恋ふ日かな/波郷

ち‐そ【×蘇】

しそ(紫蘇)」の音変化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しそ【紫蘇】

シソ科の一年草。中国原産。高さ50センチメートル 内外。葉は広卵形。夏から秋に、花穂に淡紅色の小花を密につけ、小果を結ぶ。葉・実は香りがよく食用にし、赤紫蘇の葉は漬物の着色に使う。青紫蘇・赤紫蘇・縮緬ちりめん紫蘇などの品種がある。ちそ。 [季] 夏。 〔「紫蘇の実」は [季] 秋〕

ちそ【紫蘇】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

紫蘇 (シソ)

学名:Perilla frutescens var.crispa
植物。シソ科の一年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

紫蘇の関連キーワードノンシュガー花鼻迷惑はなのど飴Wエンダービー岩質片麻岩ハイパーシン斑糲岩パーアルボラナイトディオジェナイト越路の旅まくらウマミナチュレマンジャック岩アルボラン岩ハワーダイトマルカイト田むらの梅七味唐辛子三角だるま三島ざくら鉄ケイ輝石バイア岩志ほがま紫蘇輝岩古城の梅

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紫蘇の関連情報