コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

握り飯 にぎりめし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

握り飯
にぎりめし

包み飯,むすびなどともいう。飯を三角,鼓,俵などの形に握ったもので,簡単な弁当として用いることが多い。古く屯食 (とんじき) といったのは握り飯のことであったらしい。神祭りの御供物に用いる例が多く,東北地方では大みそかに握り飯を供え,盆にも供える例がみられる。葬送の出立ちの飯では,三角を避けて丸むすびにする習俗もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にぎり‐めし【握り飯】

飯を握り固めたもの。梅干しを入れたり海苔を巻いたりする。おにぎり。むすび。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

にぎりめし【握り飯】

飯をてのひらで三角・丸・俵形などに握ったもの。手に塩をまぶし、中に梅干し・塩鮭たらこなどのを入れて握り、のりで巻いたものが一般的。携帯食軽食にする。コンビニエンスストアなどでの販売も普及し、ツナマヨネーズのような市販品独特の具も定着した。◇「おむすび」「おにぎり」ともいう。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

にぎりめし【握り飯】

握り固めた飯。中に梅干し・塩鮭しおざけなどを入れ、海苔のりで巻いたりする。にぎり。おにぎり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

握り飯
にぎりめし

飯を適当な形に握り固めたもの。おにぎり、おむすび、おつくねなどという。握り飯は文字どおり飯を握って固めたものをいうが、握らずに型に入れて固めたものも握り飯の名前を用いている。平安時代には兵食として用い屯食(とんじき)といっていたが、腰につり下げたので腰兵糧ともいった。現在祝賀宴などに折詰めの赤飯類が配られるのと同じに、古くは屯食が配られていた。握り飯の中におかずとして佃煮(つくだに)、塩ざけの焼いたもの、昆布、たらこなどを入れることがある。梅干しを入れると腐敗を防ぐとともに副食物にもなるので、昔から用いられている。握り飯の表面を火に当て、少々焦げる程度に焼いてしょうゆをつけたものを焼きむすびというが、香ばしく味もよい。また日もちもよいので、旅行携帯食、登山食などに適している。秋田名物のきりたんぽは焼きむすびの変形したものである。江戸の握り飯は丸形か三角形だが、後者のほうが多かった。一方関西の握り飯は俵形が標準形である。四国松山地方の握り飯は長三角形である。現在は六角、八角、花形などの握り飯をつくる型があるし、握り飯をつくるロボットもあるという。握り飯の中身に入れるもの、添えるものなども多種多様である。[多田鉄之助]

民俗

握り飯は、屋外で働く際の弁当、火事・葬式そのほか、非常の際に簡単に食事ができるので重宝され、現在でも事故や災害のときなど炊き出しには利用される。握り飯の形は、もともと人間の心臓をかたどったのではないかという説がある。ごま塩をつけたものや、中にみそを入れたものなどは、農村の農繁期のお茶のときの軽い食事に用いられ、また田植のときにはかならず「きな粉むすび」と決まっている地方も多い。葬式のときには、その地方で平生用いるものと形を変えるのが普通である。たとえば、東京付近は、平生は三角に、葬式の野辺送りの出(い)で立ちの飯の際には丸くするが、これと正反対の地方もある。[丸山久子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

握り飯の関連キーワード天むす・すえひろの日おにぎりせんべい立ち食い・立食い焼き飯・焼飯幕の内弁当焼き御握り二十日盆献残焼き分け合う猿蟹合戦春を鬻ぐ目張り鮨御握り御結び葱味噌幕の内御魂祭頭陀袋鼠浄土手の窪

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

握り飯の関連情報