コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縄文漆製品 じょうもんうるしせいひん

1件 の用語解説(縄文漆製品の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

縄文漆製品

北海道函館市の垣ノ島B遺跡から発見されていた赤漆塗りの装飾品が2001年6月、世界最古の約9000年前(縄文時代早期)の製品と分かった。墓の被葬者の体に掛かっていた糸状の製品だったが、02年12月に保管していた町文化財調査団事務所の火災で損壊した。青森県野辺地町の向田(18)遺跡では、約5000年前(同前期)の厚さ3mmという精巧な長円形の木製黒色漆器(長さ13cm)、同県八戸市の是川中居遺跡からは約3000年前(同晩期)の彫刻がある赤色漆塗り木製品それぞれ00年に出土。多彩な漆の文化が注目されている。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

縄文漆製品の関連キーワード沖ノ島遺跡函館市函館本線紡錘車北海道教育大学大船C遺跡渡島函館空港

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone