コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縞牛の舌 シマウシノシタ

大辞林 第三版の解説

しまうしのした【縞牛の舌】

カレイ目の海魚。全長約30センチメートル。ウシノシタ類の一種で、体は卵形で扁平し、両眼は右側にある。有眼側は青緑色の地に暗褐色の太い横縞よこじまが多数ある。練り製品の原料。本州中部以南に広く分布。ツルマキ。シマガレイ。シマシタビラメ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

縞牛の舌の関連キーワード練り製品暗褐色卵形海魚

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android