コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縞牛の舌 シマウシノシタ

デジタル大辞泉の解説

しま‐うしのした【×縞牛の舌】

ササウシノシタ科の海水魚。全長約25センチ。両眼が体の右側にあり、有眼側は褐色横縞が多数ある。食用。つるまき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しまうしのした【縞牛の舌】

カレイ目の海魚。全長約30センチメートル。ウシノシタ類の一種で、体は卵形で扁平し、両眼は右側にある。有眼側は青緑色の地に暗褐色の太い横縞よこじまが多数ある。練り製品の原料。本州中部以南に広く分布。ツルマキ。シマガレイ。シマシタビラメ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

縞牛の舌の関連キーワード練り製品暗褐色卵形海魚

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android