右側(読み)みぎがわ

精選版 日本国語大辞典「右側」の解説

みぎ‐がわ ‥がは【右側】

〘名〙
の方の側。うそく。
※洒落本・通言総籬(1787)二「左りの竹村に比して、右側(ミキガハ)の七けん軒をならぶ」
② 保守的・国粋的な思想傾向をもつ方。
※第2ブラリひょうたん(1950)〈高田保〉私の元旦「一九五〇年とした方がずっと明るい。〈略〉右側の諸君から睨まれそうだが」

う‐そく【右側】

〘名〙 みぎがわ。また、みぎのすぐわき。⇔左側(さそく)
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉五月暦「各種の見世物は馬場の右側(ウソク)に店を出すことを許され」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android