右側(読み)みぎがわ

精選版 日本国語大辞典「右側」の解説

みぎ‐がわ ‥がは【右側】

〘名〙
の方の側。うそく。
※洒落本・通言総籬(1787)二「左りの竹村に比して、右側(ミキガハ)の七けん軒をならぶ」
② 保守的・国粋的な思想傾向をもつ方。
※第2ブラリひょうたん(1950)〈高田保〉私の元旦「一九五〇年とした方がずっと明るい。〈略〉右側の諸君から睨まれそうだが」

う‐そく【右側】

〘名〙 みぎがわ。また、みぎのすぐわき。⇔左側(さそく)
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉五月暦「各種の見世物は馬場の右側(ウソク)に店を出すことを許され」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「右側」の解説

みぎ‐がわ〔‐がは〕【右側】

右の方の側。うそく。「右側通行」
[類語]右手右方ライト右翼右翼手

う‐そく【右側】

みぎがわ。「右側通行」⇔左側さそく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android