縫直(読み)ぬいなおし

精選版 日本国語大辞典の解説

ぬい‐なおし ぬひなほし【縫直】

〘名〙 縫い直すこと。また、そのもの。
鳥影(1908)〈石川啄木〉五「単衣縫直しを呍咐(いひつか)って」

ぬい‐なお・す ぬひなほす【縫直】

〘他サ五(四)〙 縫ってあるものをほどいて、あらためて縫う。縫い返す。
※兵範記‐久安五年(1149)一〇月一九日「御袍 光房重被縫直寸法」
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉九「家老の屋敷が料理屋になるのは、陣羽織を縫ひ直して、胴着にする様なものだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android