縫返(読み)ぬいかえし

精選版 日本国語大辞典の解説

ぬい‐かえし ぬひかへし【縫返】

〘名〙 (「ぬいがえし」とも)
① 単(ひとえ)の着物を仕立てる時など、縫い始めと縫い終わりを少し縫い返すこと。
② 衣類の仕立て直し
※香華(1962)〈有吉佐和子〉六「縫い返しの縮緬に貧を喞(かこ)っていた母親の記憶は」

ぬい‐かえ・す ぬひかへす【縫返】

〘他サ五(四)〙
① 改めて縫う。縫いなおす。
② 縫い終わった時、糸が抜けないように、二、三針もとの方に縫う。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android