コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有吉佐和子 ありよしさわこ

6件 の用語解説(有吉佐和子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有吉佐和子
ありよしさわこ

[生]1931.1.20. 和歌山
[没]1984.8.30. 東京
小説家。東京女子大学短期大学部英語科卒業。古い伝統的な芸の世界と新しい近代的な教養の世界との鮮かな対照を描いた短編『地唄』 (1956) が芥川賞の候補作となって文壇に認められ,続いて『まっしろけのけ』 (56) ,『江口の里』 (58) ,『墨』 (61) などの古典的世界に題材を求めた作品を発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ありよし‐さわこ【有吉佐和子】

[1931~1984]小説家。和歌山の生まれ。東京女子大短大卒。「恍惚(こうこつ)の人」「複合汚染」などで現代の社会問題を描く。「華岡青洲(はなおかせいしゅう)の妻」で女流文学賞、「出雲の阿国(おくに)」で芸術選奨。作「紀ノ川」「和宮様御留(かずのみやさまおとめ)」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

有吉佐和子【ありよしさわこ】

小説家。和歌山県生れ。東京女子大短大卒。1956年《地唄》文学界新人賞および芥川賞の候補となり,文壇デビュー。《紀ノ川》《香華》など,伝統的な生活と,そのなかで生きる女の姿を描く作品にすぐれていたが,1972年老年痴呆症の問題をとりあげた《恍惚の人》が反響をよび,さらに1974年―1975年に連載した《複合汚染》も好評で,流行語にまでなった。
→関連項目複合汚染

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有吉佐和子 ありよし-さわこ

1931-1984 昭和時代後期の小説家。
昭和6年1月20日生まれ。昭和31年「地唄」が芥川賞候補となり,文壇にデビュー。42年「華岡青洲の妻」で女流文学賞,45年「出雲(いずも)の阿国(おくに)」で芸術選奨。40年代後半には老人性痴呆症や公害問題をあつかった「恍惚(こうこつ)の人」「複合汚染」など話題作をつぎつぎと発表した。昭和59年8月30日死去。53歳。和歌山県出身。東京女子大短大部卒。作品はほかに「紀ノ川」「和宮様御留」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

ありよしさわこ【有吉佐和子】

1931~1984) 小説家。和歌山県生まれ。東京女子大短大卒。古典芸能の世界から現代の社会問題に至る幅広い主題を描く。「地唄」「紀ノ川」「華岡青洲の妻」「恍惚の人」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有吉佐和子
ありよしさわこ
(1931―1984)

小説家。昭和6年1月20日、和歌山市生まれる。父の任地ジャワ島で育った。東京女子大学短大英文科卒業。大学在学中は芝居に凝り劇評を書き、同人雑誌『白痴群』に参加、のち第十五次『新思潮』同人になった。1956年(昭和31)古典芸能伝統工芸の美的世界に新旧世代を対置した作品群の代表作『地唄(じうた)』が文学界新人賞、芥川(あくたがわ)賞の候補作となり一躍文壇にデビューした。紀州女の年代記『紀ノ川』(1959)のほか、『香華(こうげ)』(1961~1962)、『助左衛門四代記』(1962)、『有田川』(1963)、外科医の生涯を妻と母の立場から描いた『華岡青洲(せいしゅう)の妻』(1966年。女流文学賞)などの年代記的作品群、『私は忘れない』(1959)、『非色』(1963)、『ぷえるとりこ日記』(1966)、『海暗(うみくら)』(1967)などの人道的な作品群と、その延長線上にある老人問題小説『恍惚(こうこつ)の人』(1972)、環境汚染の物質文明に警鐘を鳴らす『複合汚染』(1974~1975)などの社会問題小説を発表した。その後、歴史考証に挑戦する『和宮様御留(かずのみやさまおとめ)』(1978)、推理小説『開幕ベルは華やかに』(1982)などに新境地を開いた。昭和59年8月30日急逝。カトリック教徒であった。[橋詰静子]
『『有吉佐和子選集』1期13巻、2期13巻(1970~1971、1977~1978・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有吉佐和子の関連キーワード梶山季之藤原審爾川上宗薫折目博子川田功久坂葉子咲村観中村昌義福地文乃結城信一

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

有吉佐和子の関連情報