コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繊毛上皮 センモウジョウヒ

大辞林 第三版の解説

せんもうじょうひ【繊毛上皮】

上皮組織の一つで繊毛細胞が集まってできたもの。哺乳類の気管・気管支や輸卵管などの内表面、カエルの口内上皮などに見られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の繊毛上皮の言及

【上皮】より

…上皮組織は上皮細胞の集まりからなっている。上皮細胞はその形態によって,扁平上皮細胞,立方上皮細胞,円柱上皮細胞,繊毛上皮細胞に分けられる。繊毛は円柱細胞がもつ場合が多く,繊毛円柱上皮細胞の名称もある。…

※「繊毛上皮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

繊毛上皮の関連キーワード繊毛(線毛)ミラシジウム半索動物繊毛運動気管支輸卵管カエル哺乳類気管上皮繊毛喉頭粘膜

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android