コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輸卵管 ユランカン

デジタル大辞泉の解説

ゆらん‐かん〔‐クワン〕【輸卵管】

卵管

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

輸卵管

 →卵管

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輸卵管
ゆらんかん

解剖学名では管という。卵を生殖孔まで運ぶ管で、哺乳(ほにゅう)類では胎生(たいせい)と関連してこの一部が子宮に分化している。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の輸卵管の言及

【卵管】より

卵巣から出た卵を子宮まで運ぶ管。輸卵管またはらっぱ管ともいう。発生的には子宮と同じくミュラー管に由来する。…

※「輸卵管」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

輸卵管の関連キーワードNアセチルガラクトサミン4硫酸コモチカナヘビサンショウウオ泌尿生殖系ウォルフ管ミュラー管女性生殖器卵(らん)グッピー生殖輸管繊毛運動体外受精総排出腔生殖器官繊毛上皮生殖腺胎生魚タニシ水胞体産卵管

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android