コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

罪する ツミスル

デジタル大辞泉の解説

つみ・する【罪する】

[動サ変][文]つみ・す[サ変]罪があるとして責める。また、罪を責めて処罰する。罰する。
「独り代議士を―・するわけには行かぬが」〈魯庵社会百面相

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つみする【罪する】

( 動サ変 ) [文] サ変 つみ・す
罪を責めて刑罰を与える。罰する。 「讒言せしもの等を-・せんとし玉ひけるに/二宮尊徳 露伴

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

罪するの関連キーワードシェフチェンコ(Taras Grigor'evich Shevchenko)アメリカ下院の「慰安婦」決議スレブレニツァの虐殺七重の膝を八重に折る泉南アスベスト訴訟ちょうちんブログプエブロ号事件イスラムの背教アポロジャイズラテラノ公会議薬害肝炎救済法勧善懲悪覗機関ドミニカ移民詫びを入れる風流夢譚事件エルズバーグ打ち詫びる近代画家論手を下げる誤る・謬る

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android