コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

置始長谷 おきそめの はつせ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

置始長谷 おきそめの-はつせ

?-? 奈良時代の女性。
天平(てんぴょう)11年(739)光明皇后の維摩(ゆいま)講で歌い手をつとめた。大伴家持(おおともの-やかもち)の別宅の宴でよんだ歌が「万葉集」巻20におさめられている。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例