コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

維摩 ゆいまVimalakīrti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

維摩
ゆいま
Vimalakīrti

大乗仏教経典の一つである『維摩経』の主人公の名。維摩詰 (きつ) ともいう。大乗仏教の空思想の立場に立って部派仏教の修行者を批判する在家仏教者の理想像として描かれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ゆいま【維摩】

《〈梵〉Vimalakīrtiの音写「維摩詰(ゆいまきつ)」の略。浄名(じょうみょう)・無垢称と訳す》
維摩経の主人公として設定された架空の人物。古代インド毘舎離(びさり)城の長者で、学識にすぐれた在家信者とされる。病気の際、その方丈の居室に、釈迦の弟子を代表して文殊菩薩が訪れたとされる。
維摩経」の
維摩会(え)」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

維摩【ゆいま】

維摩経》の主人公。サンスクリット名ビマラキールティVimala-kirtiの訳。維摩詰,無垢称(むくしょう)とも。毘舎離(びしゃり)城の富豪で大乗仏教の奥義に達した居士(こじ)とされ,仏弟子たちも維摩との問答では敗れる。
→関連項目王維定慶道釈画方丈

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ゆいま【維摩】

Vimalakīrti の音訳である「維摩詰ゆいまきつ」の略。漢訳して「浄名」「無垢称」〕 古代インドの毘舎離びしやり城の富豪で、釈迦の弟子となり在家のまま大乗仏教の奥義に達したと伝えられる人物。維摩経の主人公。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

維摩
ゆいま

初期大乗仏教の経典の一つ『維摩経』の中心的人物。詳しくは維摩詰(きつ)(ビマラキールティ)、また浄名(じょうみょう)、無垢称(むくしょう)などと漢訳される。維摩はバイシャーリーの富裕な在家(ざいけ)の仏教信者(居士(こじ))で、すでに菩薩(ぼさつ)としての実践を完成していた。釈迦(しゃか)が近くに滞在し説法をしていたが、彼は病にかかり参席できなかった。釈迦は弟子たちに見舞いに行くようにいったが、みんな維摩に議論を吹きかけられて負かされた経験があるため辞退した。結局智慧(ちえ)の優れた文殊(もんじゅ)菩薩が見舞いの代表となり、維摩の居室(方丈)を訪ね、病気の問題などを発端として仏教の真理について議論が闘わされる。そのとき、文殊は垢(よごれ)と浄(きよ)らかさは究極的に不二(ふに)、無言無説であるとことばで表現したのに、維摩は沈黙でもってそれを示したとされる(維摩の一黙)。維摩は在家者でありながら、空(くう)思想を実践する理想的な菩薩として、中国・日本の禅宗においてとくに重要視されている。[江島惠教]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の維摩の言及

【印可】より

…日本の芸能では,免許証や許状を出す意となる。《維摩経》弟子品に,維摩が舎利弗(しやりほつ)の座禅を叱り,正しい座禅の心得を説いて,このようにすれば仏は印可される,といっているのが根拠であり,中国の禅宗では,そうした印可の印として,衣鉢や禅板,机案,払子(ほつす)などを与えることとなり,さらにその事由を記す印可状や,師の肖像(頂相(ちんそう))に賛をつけて与える風習が生まれて,日本に多くの遺品を伝える。《日葡辞書》にも,インカヲダス,トルなどの例がある。…

※「維摩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

維摩の関連キーワード法明尼(2)相想倶絶宗維摩経義疏三経義疏維摩居士島地黙雷田口家守置始長谷泥中の蓮対馬音維摩講維摩会炉塞ぎ方等経貞慶公縁音写浄達西笑増利

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

維摩の関連情報