コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光明皇后 こうみょうこうごう

美術人名辞典の解説

光明皇后

聖武天皇の皇后。藤原不比等の娘、母は県犬養橘三千代孝謙天皇の母。長屋王の変の後、皇后となる。仏教を篤く信じ、悲田・施薬両院を設け、東大寺大仏国分寺国分尼寺の造立に深いつながりをもつ。聖武上皇崩御後も政界に重きをなし、中台天平応真仁正皇太后の尊号が贈られた。天平宝字4年(760)崩御、60才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうみょう‐こうごう〔クワウミヤウクワウゴウ〕【光明皇后】

[701~760]聖武天皇の皇后。名は安宿媛(あすかべひめ)、また光明子とも。父は藤原不比等(ふじわらのふひと)、母は橘三千代(たちばなのみちよ)孝謙天皇の母。臣下の娘で皇后になった最初の例。仏教を尊び、悲田院施薬院を設置して福祉事業を行った。自筆と伝えられる「楽毅論」が正倉院に伝存。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

光明皇后【こうみょうこうごう】

聖武天皇の皇后。父は藤原不比等(ふひと),母は橘三千代。出家して光明子(こうみょうし),諱(いみな)は安宿媛(あすかべひめ)。729年臣下の女としては異例の皇后となる。
→関連項目皇后宮職正倉院橘三千代藤原仲麻呂

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

光明皇后 こうみょうこうごう

701-760 奈良時代,聖武(しょうむ)天皇の皇后。
大宝(たいほう)元年生まれ。藤原不比等(ふひと)の娘。孝謙天皇の母。天平(てんぴょう)元年(729)臣下からはじめて皇后となり,藤原氏の勢力拡大に寄与する。仏教に帰依(きえ)し,国分寺の建立や東大寺大仏の造営をすすめ,施薬院,悲田院をもうけて病人や孤児をたすけた。天平宝字4年6月7日死去。60歳。名は安宿媛(あすかべひめ),光明子。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

光明皇后

没年:天平宝字4.6.7(760.7.23)
生年:大宝1(701)
奈良時代の皇后。藤原不比等と県犬養三千代の娘。名は安宿媛。光り輝く美しさから光明子といったとも。16歳で首皇子(聖武)の妃になる。聖武即位後に生まれた基皇子は,立太子後まもなく死去。長屋王の変で障害を除いたのち,天平1(729)年,藤原氏の希望を担って「しりへ(後)の政」を行う皇后になった。父不比等から主要な財産,邸宅を受け継ぎ,邸内に皇后宮職を設置。施薬院,悲田院を置き,国分寺,国分尼寺,東大寺の創建を天皇に勧めて実現させるなど,仏教の広布に力を尽くす。ここから後世,浴室で自ら1000人の垢を洗い,癩病患者の膿を吸いとったという伝説も生まれた。天平勝宝1(749)年,娘阿倍内親王(孝謙)の即位に伴い皇太后となり,皇后宮職を拡充した紫微中台を設置,甥の藤原仲麻呂を長官に任じて実質的に国政を掌握した。同6年には聖武,孝謙と共に大仏殿前で唐僧鑑真より受戒。同8年,聖武が崩じると,遺愛の品を東大寺大仏に献じた。現在の正倉院宝物である。願文の「先帝の好まれた品々をみるとありし日を思い泣き崩れてしまう」との言葉にも,夫聖武への想いがにじむ。自筆の書に残る「藤三娘」の自署や,「積善藤家」の印には藤原氏の隆盛を担う者としての自負がうかがえ,聖武のきまじめで繊細な筆跡と比較して,のびのびとした剛胆さが指摘されている。同時期の中国の則天武后に自らをなぞらえていたとの見方もある。<参考文献>林陸朗『光明皇后

(義江明子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうみょうこうごう【光明皇后】

701‐760(大宝1‐天平宝字4)
奈良前期の聖武天皇の皇后。諱(いみな)は安宿(あすかべ),出家して光明子という。藤原不比等の第三女,母は橘三千代。幼にして聡慧,早くから声誉高かったが,716年(霊亀2)16歳で皇太子首(おびと)皇子の妃となり,翌々年阿倍皇女(孝謙天皇)を生む。首皇子の即位により夫人となり,727年(神亀4)皇子(《本朝皇胤紹運録》は基王)を生み,直ちに皇太子に立てたが翌年夭死した。同じ年聖武天皇のもう1人の夫人県犬養広刀自に安積(あさか)親王が誕生したため,藤原氏は天皇家との外戚関係が絶えることを恐れ,それを防ぐ手段として,それまでは皇后が夫帝の死後女帝として即位するのが慣例であったことに着目し,安宿媛の立后を画策した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうみょうこうごう【光明皇后】

701~760) 聖武天皇の皇后。孝謙天皇の母。藤原不比等の娘。名は安宿媛あすかべひめ。光明子とも。悲田院・施薬院を設けるなど社会事業を行い、また天皇の東大寺建立を助け仏教興隆に尽くした。王羲之の書「楽毅論」を臨書した巻物は名筆として著名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光明皇后
こうみょうこうごう

[生]大宝1(701)
[没]天平宝字4(760).6.7.
聖武天皇の皇后。藤原不比等の第3女。名を安宿媛 (あすかべひめ) ,のち光明子という。霊亀2 (716) 年皇太子時代の聖武天皇の妃となり,のちに孝謙 (称徳) 天皇となった阿倍皇女,基皇子を出生。天平1 (729) 年天皇即位とともに臣下として初めて皇后位につき,皇后宮職で写経事業を行い,同 12年の日付の写経『五月一日経』が現存する。また,自筆と伝える皇后書写の『楽毅論 (がっきろん) 』が正倉院に伝存する。同2年悲田院施薬院を設立し,東大寺大仏,国分寺の創建にも努力した。天平感宝1 (749) 年天皇退位後は皇后宮職を改称した紫微中台 (しびちゅうだい) をおき,甥の藤原仲麻呂を長官として権勢をふるった。陵墓は奈良市法蓮町の佐保山東陵。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

光明皇后
こうみょうこうごう
(701―760)

聖武(しょうむ)天皇の皇后。藤原光明子(こうみょうし)。名は安宿媛(あすかべひめ)。のち中台天平応真仁正皇太后(ちゅうだいてんぴょうおうしんにんしょうこうたいこう)。父は藤原不比等(ふひと)、母は橘三千代(たちばなのみちよ)。716年(霊亀2)皇太子首(おびと)親王妃となり、724年(神亀1)首親王が即位して聖武天皇となるとともに夫人となり、729年(天平1)長屋王の変の後まもなく臣下の女としては異例の皇后となったが、当時皇后は天皇と並んで国政に参画する伝統があり、以後藤原氏の政界活動のよりどころとなった。立后と同時に皇后宮職(こうごうぐうしき)が置かれたが、749年(天平勝宝1)には昇格して紫微中台(しびちゅうだい)と改称し、長官に藤原仲麻呂(なかまろ)が就任するに及んで、ここは実質的に政治を主導するところとなった。皇后は天皇とともに仏教を深く信仰し、国分寺の建立、東大寺大仏の造営などを積極的に勧めたといわれ、病人や孤児の救済のため施薬院(せやくいん)や悲田院(ひでんいん)など福祉施設をつくったことでも知られる。孝謙(こうけん)天皇の母。陵は佐保山東陵(さほやまのひがしのみささぎ)と称し、奈良市法蓮(ほうれん)町にある。[押部佳周]
『林陸朗著『光明皇后』(1961・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の光明皇后の言及

【乙姫】より

…熊野と天王寺は観音めぐりの拠点で,この乙姫の姿には,あるき巫女の姿が重なり,さらに観音のイメージが強く投影している。乙姫は後に清水観音の夢告によって鳥掃という呪具を得,それで信徳丸の体をなでて病を治すが,乙姫のような女性像の前身には《元亨釈書(げんこうしやくしよ)》にのる光明皇后の垢摺(あかすり)供養伝説が考えられる。湯施行(ゆせぎよう)を始めた皇后の前に1人の癩人が現れ,体のうみを吸いとってくれと願う。…

【慈善事業】より

…長距離の旅を強いられた律令制下の農民は途中で死亡する者も多く,政府の対策も不十分であっただけに注目され,のちに東大寺が大和に布施屋を設置し,平安時代には一部の地方官吏らにより続命院・救急院・悲田処ほか類似の施設が各地に設置された。 つぎに仏教に関心の深かった光明皇后の活動も著名である。施薬院悲田院の設置は藤原氏の氏寺であった興福寺に置かれた先例があるが,光明子が皇后宮職にそれらを設置した意義は注目され,のちに孝謙女帝も興福寺の施薬院を財政面で援助し,弘仁年間(810‐824)には淳和天皇の皇后正子内親王が病気の僧尼のための済治院や癩病患者専門の不譲化身院を嵯峨の大覚寺に設けた。…

【紫微中台】より

…令,弼,忠,疏の四等官22名がおかれた。もと光明皇后の意志の伝達,日常生活等を営むために729年(天平1)設置された皇后宮職を改称したものである。孝謙天皇の即位にともなって光明皇后が皇后から皇太后へかわったことに際してとられた措置であるが,紫微中台の長官(紫微令,後に紫微内相)に藤原仲麻呂が任命され,光明皇后との密接なつながりを官職上ももったことが注目される。…

【正倉院】より

…奈良の東大寺大仏殿の裏手に当たって見える白壁に囲まれた一郭の通称。ここの正倉には8世紀,奈良時代の文化を具体的に伝える多くの遺品が収蔵されている。大陸から舶載されたものも多く,それらは唐代の文化の粋を示すとともに,唐代の文化が受け入れた西方諸地域の文化の姿をも伝えており,古代の東西文化の交流について多くの資料を提供している。
[宝物の献納と管理]
 756年(天平勝宝8)6月21日,聖武太上天皇没後49日の忌日に当たり,光明皇太后は書跡,服飾品,楽器,調度品,刀剣その他天皇遺愛の品を中心に六百数十点を東大寺の本尊盧舎那仏(大仏)に献納し,その冥福を祈った。…

【聖武天皇】より

…聖武天皇の即位に備えて,平城宮では以前から大改作工事が実行されていた。その後宮としては,藤原不比等の女安宿媛(あすかべひめ)(光明皇后),県犬養広刀自(あがたいぬかいのひろとじ),藤原武智麻呂の女(名前不明),同じく房前の女など4夫人の存在が知られ,このうち安宿媛との間に某王(基(もとい)王)と阿倍内親王(孝謙・称徳天皇)の2子,県犬養広刀自との間に井上(いかみ)内親王,不破内親王と安積(あさか)親王の3子をもうけた。727年閏9月安宿媛が出産した某王(基王)は,藤原氏の期待をになってただちに立太子されたが,翌年9月死亡した。…

【橘三千代】より

…後に藤原不比等(ふひと)に接近し,彼の長女宮子を文武天皇夫人とすることに成功して急速に親密となり,ついに美努王のもとを去り不比等と再婚した。701年(大宝1)宮子が首(おびと)皇子(聖武天皇)を生むと,三千代もまた不比等の第3女安宿媛(あすかべひめ)(光明皇后)を生み,再び乳母となって首皇子を養育した。このため,持統・元明女帝の信任はすこぶる厚く,これが不比等を側面からたすける力ともなった。…

【長屋王の変】より

…ここに藤原氏は目的を達したのである。以後,藤原氏は光明皇后とその4兄弟を中心に政界を領導していった。【栄原 永遠男】。…

【奈良時代】より

…やがて事件が落着すると,瑞亀の献上によって天平と改元,ついで安宿媛は仁徳皇后磐姫の先例にならうという宣命とともに,臣籍ではあるが聖武天皇の皇后となった。世にいう光明皇后である。 かくて長屋王の変以後は,大納言から間もなく右大臣に進んだ藤原武智麻呂(南家)を中心に,参議に列した中務卿藤原房前(ふささき)(北家),式部卿藤原宇合(うまかい)(式家),兵部卿藤原麻呂(京家)ら不比等の子息四卿が政権を掌握した。…

【悲田院】より

…奈良・平安時代に,身寄りのない貧窮の病人や孤児などを収容した公設の救護施設。723年(養老7)奈良の興福寺に施薬院(せやくいん)とともに設けられたのが初見で,その後諸大寺にも設けられ,730年(天平2)光明皇后によって皇后職に悲田,施薬の両院制が公設され,奈良・平安時代を通じ救療施設の中心となった。仏教の博愛慈恵の思想にもとづいてはいるが,唐の開元の制度に倣った施設で,悲田院の名称も唐制の踏襲である。…

【藤原氏】より

…日本の代表的な貴族。大化改新後の天智朝に中臣氏から出て,奈良時代には朝廷で最も有力な氏となり,平安時代に入るとそのなかの北家(ほくけ)が摂政や関白を独占し歴代天皇の外戚となって,平安時代の中期は藤原時代ともよばれるほどに繁栄した。鎌倉時代からはそれが近衛(このえ)家二条家一条家九条家鷹司(たかつかさ)家の五摂家に分かれたが,以後も近代初頭に至るまで,数多くの支流を含む一族全体が朝廷では圧倒的な地位を維持し続けた。…

【法華寺】より

…正しくは法華滅罪之寺といい,氷室御所ともいう。藤原不比等の旧宅があった平城左京一条三坊の地に,光明皇后の皇后宮が設けられ,745年(天平17)宮寺(みやでら)に改められたのが法華寺の始めと考えられ,大和国国分尼寺(国分寺)として漸次整備された。天平19年(747)1月の《正倉院文書》に法華寺の寺名が初見する。…

【癩】より

…のちには天刑病ともいわれ,不治の業病とされた。光明皇后が癩者の膿を吸ったという伝説があり,鎌倉時代の僧忍性(にんしよう)は奈良の北山十八間戸(けんと)と鎌倉の極楽寺に癩宿をつくり,救癩活動を始めている。 江戸時代には癩は〈かったい〉と呼ばれ,社会から締め出された癩者は,四国や九州の霊場や寺院を遍歴・徘徊していた。…

※「光明皇后」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

光明皇后の関連情報