義馬(読み)ぎま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

義馬
ぎま / イーマー

中国、河南(かなん/ホーナン)省北西部、(べんち)県城の東20キロメートル、洛陽(らくよう/ルオヤン)の西にある集落。洛河(らくが/ルオホー)の支流澗水(かんすい)沿岸にあり、隴海(ろうかい)鉄道や鄭州(ていしゅう/チョンチョウ)、西安(せいあん/シーアン)への自動車道が通じる。もともと集落の東に義昌駅があり駅馬(イーマー)村とよんだが、のちに益馬(イーマー)、義馬(イーマー)となまったことが語源とされる。近くに新(しんべん)炭田がある。[駒井正一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android