コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翁の文 おきなのふみ

世界大百科事典 第2版の解説

おきなのふみ【翁の文】

江戸中期に神,儒,仏の三教を批判した書。富永仲基著。1巻。1746年(延享3)大坂刊。ある翁の説に託し,三教を学ぶ者の時代不適合を指摘し,現実に機能する〈誠の道〉を提唱。また思想は立論者が始祖の名にかこつけ,前説をしのぐかたちで発達し,民族性として印度は神秘的,中国は修辞的,日本は閉鎖的なくせがあると説いた。その思想発達史論は研究者に方法論的示唆を与え,各種文化類型の比較も独特である。【水田 紀久】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android