コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富永仲基 とみながなかもと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富永仲基
とみながなかもと

[生]正徳5(1715).大坂
[没]延享3(1746).8.28. 大坂
江戸時代中期の思想家。父は懐徳堂創立者の一人,道明寺屋吉左衛門。幼名は幾三郎,三郎兵衛,のち徳基,さらに仲基。字は仲子,子仲。号は南関,藍関,謙斎。 10歳のとき懐徳堂に入り,三宅石庵から陽明学を学んだ。 15歳頃『説蔽』を著わして儒学を批判し,石庵に破門されたという。その後田中桐江について詩文を学び,また家を出て黄檗版大蔵経の校合に従った。元文3 (1738) 年中国思想を研究した『翁の文』 (46) を著わした。また延享1 (44) 年仏典の比較研究を行なった『出定後語』 (2巻,45) を著わし,仏教界から激しい攻撃を受けたが,他方では猪飼敬所本居宣長,平田篤胤らから推称された。ほかに『律略』『諸子解』『日本春秋』『長語』『短語』『尚書考』『大学考』『論語考』の著がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

富永仲基【とみながなかもと】

江戸中期の思想家。字は子仲(しちゅう),号は謙斎(けんさい),道明寺屋三郎兵衛(どうみょうじやさぶろべえ)と称する。大坂の人。父の徳通(のりみち)(芳春)は懐徳堂(かいとくどう)五人衆の一人。
→関連項目草間直方

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富永仲基 とみなが-なかもと

1715-1746 江戸時代中期の思想家。
正徳(しょうとく)5年生まれ。富永芳春の子。家は大坂の醤油(しょうゆ)醸造業者。父の創設した懐徳堂で三宅石庵(せきあん)に儒学をまなび,のち仏教や神道もおさめる。「出定後語(しゅつじょうごご)」「翁の文」などの著作で,神・儒・仏三教の成立過程での後代の作為を批判,誠の道を提唱した。延享3年8月28日死去。32歳。字(あざな)は子仲,仲子。通称は三郎兵衛。号は謙斎。
【格言など】善をすれば則ち順,悪をすれば則ち逆,これ天地自然の理(ことわり),もとより儒仏の教えに待たず(「出定後語」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とみながなかもと【富永仲基】

1715‐46(正徳5‐延享3)
江戸中期の大坂の思想史家。字は子仲また仲子。謙斎,南関,藍関と号した。通称道明寺屋三郎兵衛。父徳通は北浜でしょうゆ醸造や漬物商を営み,町人学問所懐徳堂を創建した五同志の一人。仲基も15歳ころまで初代学主三宅石庵に儒学を学んだ。近代の科学研究に先んじて中国古代思想を発展的にとらえ《説蔽(せつへい)》を著し,また仏教思想を成立史的に解明,始祖にかこつけて自説を張る過程を,〈加上〉という立論心理の法則的把握で論証した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とみながなかもと【富永仲基】

1715~1746) 江戸中期の思想家。大坂の町人出身。懐徳堂に学び、神儒仏を徹底的に批判して「誠の道」を説いた。著「出定後語しゆつじようこうご

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富永仲基
とみながなかもと
(1715―1746)

江戸中期の儒学者。大坂に生まれる。通称は吉兵衛。字(あざな)は子仲または仲子。号は謙斎。父は懐徳(かいとく)堂創建の五同志の一人道明寺(どうみょうじ)屋吉左衛門(芳春、1684―1740)。幼時から懐徳堂で三宅石庵(みやけせきあん)(1665―1730)に儒学を学んだが、15、6歳のころには儒教を批判して『説蔽(せつへい)』を著し、師石庵の不興を買ったともいわれる。その後、荻生徂徠(おぎゅうそらい)の親友でもあった田中桐江(たなかとうこう)(1668―1742)に師事し、その結社呉江社の一員となった。20歳のころには家を出て黄檗山(おうばくさん)で『一切(いっさい)経』の校合に従事し、仏教に対する批判力を培った。その成果は『出定後語(しゅつじょうこうご)』に著され、仏教の諸思想に歴史的批判を加える「加上(かじょう)」説が唱えられている。さらに、平易な和文で書いた『翁(おきな)の文(ふみ)』(1746)では、神儒仏三教を廃棄し、これにかわる「誠の道」を求めることを唱えた。その説は、一方では諸仏家などから非難されたが、他方、本居宣長(もとおりのりなが)、平田篤胤(ひらたあつたね)らに大きな影響を及ぼした。延享(えんきょう)3年8月20日、32歳で死去した。[上田 穣]
『石浜純太郎著『富永仲基』(1940・創元社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の富永仲基の言及

【翁の文】より

…江戸中期に神,儒,仏の三教を批判した書。富永仲基著。1巻。…

【開物思想】より

…その内容は当時行われていた中国の重要産業を網羅し,それらについて知識人向けの解説を行ったものである。 朝鮮でも李朝時代に〈実事求是〉をスローガンとする実学派があったが,こうした大陸からの影響もあって,日本でも17世紀には熊沢蕃山が儒学を単なる名分論ではなく,利用厚生論として発展させ,18世紀には富永仲基や大坂の懐徳堂派の学風が町人的実学を進め,さらに皆川淇園,林子平,工藤平助,本多利明,佐藤信淵などの開物思想家が輩出した。それは信淵によれば,〈国土を経営し,物産を開発し,境内を豊饒にし,人民を蕃息せしめる業〉という国土開発・産業開発の事業を展開させようとする考え方であった。…

【出定後語】より

…江戸中期の仏教思想史論。富永仲基著。2巻。…

※「富永仲基」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

富永仲基の関連キーワード文化人類学慧海(2)田中桐江日初寂顕荒木蘭皐富永芳春加藤周一山片蟠桃都鄙問答出定笑語富永謙斎楽律考陽明学校合文雄

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android