コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老ノ坂峠 おいノさかとうげ

2件 の用語解説(老ノ坂峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

老ノ坂峠
おいノさかとうげ

京都府亀岡市と京都市の境にある峠。旧峠 (標高 220m) と新峠 (標高 195m) があり,かつては山陰道,現在は国道9号線が通じる。新峠の下にトンネルがある。酒呑童子 (しゅてんどうじ) の伝説の地,大江山はこの峠付近ともいわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕老ノ坂峠(おいのさかとうげ)


京都市と京都府亀岡(かめおか)市との境にある峠。標高約220m。古くから畿内(きない)と丹波(たんば)地方を結ぶ山陰(さんいん)道の要地。1582年(天正(てんしょう)10)、明智光秀(あけちみつひで)軍はこの峠を越えて京都・本能寺に滞在中の織田信長(おだのぶなが)を襲撃した。北側を国道9号、直下を京都縦貫自動車道(老ノ坂亀岡道路)がトンネルで抜ける。酒呑童子(しゅてんどうじ)の大江(おおえ)山伝説があり、首塚が祀(まつ)られている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の老ノ坂峠の言及

【老ノ坂】より

…古くは大枝(おおえ)山または大江山とも呼ばれ,源頼光が酒呑童子を退治した伝説が残る。京都市と亀岡市の境の老ノ坂峠(260m)は山陰道の要衝であり,山城の西の重要な出入口で,近世には宿場町ができていた。山陰道は現在国道9号線となり,峠下を老ノ坂トンネルが通じる。…

※「老ノ坂峠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

老ノ坂峠の関連キーワード亀岡元旦ロードレース かめおか湯の花10kmロードレース亀岡市民新聞ガレリアかめおか亀岡の田植唄亀岡市文化資料館京都府亀岡市京都府亀岡市北町京都府亀岡市新町京都府亀岡市西町京都府亀岡市本町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

老ノ坂峠の関連情報