コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大江山 おおえやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大江山
おおえやま

京都府北西部,福知山市与謝野町との境,丹波丹後の境界にある山。千丈ヶ岳(せんじょうがたけ)ともいう。標高 832m。古くから百人一首の歌や鬼退治の伝説で知られ,山中に鬼穴などの地名が残る。有名な酒呑童子の伝説は,京都盆地亀岡盆地の境の老ノ坂峠を発祥の地とする説もある。頂上からの眺望に優れ,スキー,ハイキング,キャンプなどの行楽地としても知られる。丹後天橋立大江山国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おおえ‐やま〔おほえ‐〕【大江山】

京都府北西部、丹波丹後両地方の境をなす山。標高833メートル。山中に酒呑童子(しゅてんどうじ)が住んだといわれる洞窟(どうくつ)がある。源頼光の鬼退治の地ともされるが、それは京都市西方の老ノ坂峠付近の大枝山(おおえやま)であるともいわれる。[歌枕
「―いくのの道の遠ければまだふみも見ず天の橋立」〈金葉・雑上〉
謡曲。五番目物。作者は世阿弥とも宮増(みやます)ともいわれる。源頼光が大江山の酒呑童子を討つ話を脚色したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

大江山【おおえやま】

京都府北部,福知山市・加佐郡・与謝(よざ)郡境にある山。標高832m。丹後天橋立大江山国定公園に属する。二つの鬼退治伝説があり,うち酒呑(しゅてん)童子が有名。
→関連項目老ノ坂大江[町]金太郎丹後天橋立大江山国定公園

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

おおえやま【大江山】

石川の日本酒。酒名は、大江山にいたとされる酒呑童子のように豪快に酒を飲んで欲しいと願い命名。米は和釜の上に甑(こしき)を載せて蒸し、醪(もろみ)を木製の槽(ふね)で搾る昔ながらの製法で造る。大吟醸酒から普通酒までそろえる。原料米は五百万石、山田錦。仕込み水は自家井戸水。蔵元の「松波酒造」は明治元年(1868)創業。所在地は鳳珠郡能登町松波。

おおえやま【大江山】

京都の日本酒。発売元は「八木酒造」。所在地は南丹市八木町八木鹿草。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおえやま【大江山】

京都府西部,加佐郡大江町と与謝郡加悦(かや)町の境にある山。丹波と丹後の国境をなした山で,千丈ヶ嶽ともいう。舞鶴湾へ流入する由良川水系と宮津湾奥の阿蘇海へ注ぐ野田川との分水嶺で,丹後山地の最高峰。標高833m。展望のよい美しい山で,蛇紋岩,カンラン岩などからなる。登山,キャンプ,スキー客などでにぎわい,東麓の千丈ヶ原にはニッケル鉱山があった。有名な源頼光の酒呑童子(しゆてんどうじ)退治の伝説の地については,この大江山をあてる説と老ノ坂山地の大江(枝)山をあてる説があり,付近には伝説にちなむ場所や呼称が多い。

おおえやま【大江山】

(1)能の曲名。五番目物。鬼物。作者不明。宮増(みやます)作ともいう。シテは酒呑童子(しゆてんどうじ)。源頼光(ワキ)は,酒呑童子と呼ばれる鬼を退治するため,家来たちと山伏に変装して丹波の大江山に分け入る。出家には手を出さない酒呑童子は,少年の姿で一行を迎え,昔の経歴を隠さず物語り,山伏の勧める酒に興じて舞い戯れるが,やがて酔って寝所へはいる。頼光たちは武装を整えて寝所へ攻めこむ。好意をあだにした襲撃に怒った酒呑童子は,悪鬼の形相を現して猛威をふるうが,ついに退治される(〈打合イ働キ・ノリ地〉)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おおえやま【大江山】

◇ 京都府北部、丹後と丹波の境にある山。海抜833メートル。山中に洞穴があり、酒吞しゆてん童子が住んだと伝える。
◇ 京都市西部、老坂峠付近の山。山城と丹波の国境。大枝山。⦅歌枕⦆ 「 -かたぶく月の影さえてとばだの面に落つるかりがね/新古今 秋下
能の一。五番目物。源頼光らが山伏姿で大江山に入り、酒に酔いつぶれた酒吞童子を討つ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕大江山(おおえやま)


京都府北西部、丹後(たんご)山地のほぼ中央部に位置する山峰の総称。狭義には最高峰の千丈ヶ嶽(せんじょうがだけ)(標高833m)をさす。京都市西京(にしきょう)区の大枝(おおえ)山とともに、源頼光(みなもとのよりみつ)の酒呑童子(しゅてんどうじ)退治、いわゆる鬼退治の伝説で知られる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大江山の言及

【老ノ坂】より

…老ノ坂山地(西山)はポンポン山(679m)を最高峰とする古生層の山地で,山城・丹波両国の境界をなす。古くは大枝(おおえ)山または大江山とも呼ばれ,源頼光が酒呑童子を退治した伝説が残る。京都市と亀岡市の境の老ノ坂峠(260m)は山陰道の要衝であり,山城の西の重要な出入口で,近世には宿場町ができていた。…

【酒呑童子】より

…大江山伝説に登場する鬼神。酒呑は酒天・酒伝・酒顚などとも書く。…

【丹後山地】より

…花コウ岩類の基盤を新生代第三紀層や第三紀に噴出した安山岩,玄武岩などが覆っており,円山川沿いの名勝玄武洞は最も新しい玄武岩よりなる。主峰大江山(833m)は蛇紋岩とカンラン岩からなり,北東方の千丈ヶ原にはかつてニッケル鉱山があった。丹後半島と接する部分の東側には,宮津湾阿蘇海,栗田(くんだ)湾といった断層性の沈降海岸が見られ,天橋立などの名所があり若狭湾国定公園の一部をなす。…

※「大江山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大江山の関連キーワード酒顛童子・酒顚童子・酒呑童子・酒吞童子日本の鬼の交流博物館酒呑童子・酒吞童子若狭湾国定公園和泉 昭太朗与謝野[町]加悦双峰公園大江山花伝小式部内侍小原僖窟子加悦〈町〉伊根[町]大江〈町〉田中孝史卜部季武成相寺栗田湾経ヶ岬渡辺綱切能物

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大江山の関連情報