コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耳珠 ジジュ

デジタル大辞泉の解説

じ‐じゅ【耳珠】

耳の顔側の、外耳道の入り口にある出っぱり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の耳珠の言及

【コウモリ(蝙蝠)】より

…後肢は前肢に比して小さいが,外・後方に180度に回転でき,飛翔と地上での運動の両方が可能である。耳介は発達し,小翼手類の多くは耳介の前にサーベルやキノコに似た耳珠(じしゆ)という突起がある。目は大翼手類では大きいが,それ以外では小さい。…

※「耳珠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

耳珠の関連キーワードモモジロコウモリ(腿白蝙蝠)耳痛の原因となる耳の病気ヒナコウモリ(雛蝙蝠)急性限局性外耳道炎/耳トウヨウヒナコウモリキクガシラコウモリエラブオオコウモリモモジロコウモリホオヒゲコウモリアシナガコウモリアブラコウモリテングコウモリチチブコウモリウサギコウモリクビワコウモリオオコウモリヤマコウモリヒナコウモリアラコウモリコウモリ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android