コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耽奇漫録 タンキマンロク

デジタル大辞泉の解説

たんきまんろく【耽奇漫録】

江戸後期の考証随筆。20集(20冊)。山崎美成(よししげ)序・跋。文政7~8年(1824~1825)成立。美成のほか谷文晁(ぶんちょう)曲亭馬琴らが、好古好事の者の会合「耽奇会」に持ち寄った古書画や古器財などの図に考説を添えたもの。馬琴序の5巻(5冊)本もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

耽奇漫録の関連キーワード輪かんじき雉車

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android