耽奇漫録(読み)タンキマンロク

デジタル大辞泉の解説

たんきまんろく【耽奇漫録】

江戸後期の考証随筆。20集(20冊)。山崎美成(よししげ)序・跋。文政7~8年(1824~1825)成立。美成のほか谷文晁(ぶんちょう)曲亭馬琴らが、好古好事の者の会合「耽奇会」に持ち寄った古書画や古器財などの図に考説を添えたもの。馬琴序の5巻(5冊)本もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

耽奇漫録の関連情報