コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会合 カイゴウ

デジタル大辞泉の解説

かい‐ごう〔クワイガフ〕【会合】

[名](スル)
相談・討議などのために人が寄り集まること。また、その集まり。寄り合い。
合(ごう)2
同種の分子またはイオンが集まって、水素結合分子間力などの比較的弱い結び付きにより、一つの分子またはイオンのように動くこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かいごう【会合 association】

同種の分子2個以上が比較的弱い分子間力によって集合し,一つの単位として行動している状態。また,このような単位を会合体という。会合体を構成している分子の数(会合度)が少ないとき,その数によって二量体,三量体などと呼ぶ。会合を起こす分子には,水,アルコールのように水酸基をもつものが多い。また,ギ酸,酢酸安息香酸などの有機酸フッ化水素のような無機酸でよく研究されていて,これらでは水素結合によって会合している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かいごう【会合】

( 名 ) スル
話し合いなどのために集まること。また、その集まり。 「 -を開く」
〔association〕 同種の分子またはイオンが分子間力や水素結合などの比較的弱い力で数個結合して、一つの分子またはイオンのようにふるまうこと。水・酢酸・アルコールなど多くの例がある。
ごう 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

会合
かいごう

分子会合」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

会合
かいごう
association

同一物質の2個以上の分子が、液相あるいは気相中で接近し、一つの粒子のようになる現象をいう。2分子からなる場合を二量体、3分子からなる場合を三量体などとよぶ。分子量、導電率、粘度、双極子モーメント、振動スペクトルなどの測定値に、単量体の存在を前提とすれば異常な値が現れるので、会合がおこっていることを推定できる。溶液で会合が進行すると会合コロイド(ミセル)を生ずる。会合体の生成には、疎水性基の分子間力や、カルボキシ基やヒドロキシ基の水素結合力などが寄与している。溶液中で陽イオンと陰イオンとが接近してイオン対(つい)を生ずる現象も会合の一種である。イオン対の場合は静電相互作用の寄与が大きい。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

会合の関連キーワードヴァルデンの融解エントロピーの法則ブラックアウト・ルールキックオフミーティングトークセッション主要排出国会議アジア欧州会合日銀政策委員会ミーティングアセンブリー非会合的鉱物佳会・嘉会クラス会席を汚すASEM寄り合い同窓会緩凝析公会堂月並会懇談会

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

会合の関連情報