好事(読み)コウジ

  • いいこと
  • こうじ カウ‥
  • こうじ〔カウ〕
  • こうず
  • こうず カウ‥
  • こうず〔カウ〕
  • すきごと

デジタル大辞泉の解説

よいこと。喜ばしいこと。
よい行い。
こうず(好事)
珍しい変わった物事を好むこと。また、風流を好むこと。物好き。こうじ。
「余裕ある人に共通な―を道楽にしている」〈漱石

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

喜ばしい事柄。めでたいこと。
よいおこない。 → こうず好事
名 ・形動 [文] ナリ 
風変わりなものを好むこと。物好き。
風流を好むこと。風流であるさま。 なかなか-な拵へだ/歌舞伎・天衣紛好事こうじ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① よいこと。おもしろいこと。楽しいこと。特に男女の事柄についていう。
※洒落本・辰巳之園(1770)「忠五久しいの。いい事でもあるか」
② よいめぐりあわせ。好運。
③ (「に」を伴って) 口実にして付け込むこと。よい機会。好都合。
※人情本・孝女二葉錦(1829)初「某(わたし)がずるけると、またいい事にして、若いものもずるけますし」
[2] 〘感動〙 相手に念を押す時に用いる女性語。おもに同等以下の相手にいう。→こと(事)(二)③(ハ)。「いいこと。あのを右にまがるのよ」
〘名〙
① よいこと。都合のよいこと。結構なこと。
※正法眼蔵随聞記(1235‐38)二「好事をば譲他人、悪事をば向己志気有るべき也」
② よい行ない。善事。善行。
※正法眼蔵(1231‐53)法華転法華「ただ鬢髪をそるなほ好事なり」 〔五代史‐唐明宗紀〕
※菅家文草(900頃)二「傷巨三郎、寄北堂諸好事
※詩序集(1133頃)感懐詩序〈藤原明衡〉「洛陽好事、可五六輩
⑤ 仏事。法事。
※江戸繁昌記(1832‐36)五「棺材を買、好事(〈注〉ホウジ)を修する」
〘名〙 (形動)
① めずらしいことや変わったことに興味を持つこと。また、風流を愛すること。こうじ。
※連理秘抄(1349)「好事之倫、各正其志詠性情者、可思無邪之一助焉」
※仮名草子・浮世物語(1665頃)二・六「京・大坂の好事(カウズ)の者潮干の遊に集り」
〘名〙
① 色好みの行為。また、色恋のことば。すきわざ。
※伊勢物語(10C前)七一「かの宮にすきごといひける女」
② 物好きなこと。
※竹取(9C末‐10C初)「『たつのくびの玉取りえずは、帰り来な』とのたまへば、〈略〉かかるすき事をしたまふ事とそしりあへり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

好事の関連情報