コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖ストシャ大聖堂 セイストシャダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

せいストシャ‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【聖ストシャ大聖堂】

Katedrala sv. Stošije》クロアチア南西部、ダルマチア地方の港湾都市ザダルにあるロマネスク様式の大聖堂。4世紀から5世紀頃の教会に起源し、12世紀に建造された。13世紀初頭にベネチア共和国率いる第4次十字軍の攻撃を受けて破壊され、その後修復された。ダルマチア地方最大の教会として知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

聖ストシャ大聖堂の関連キーワードロマネスク様式

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android