聞直(読み)ききなおす

  • ききなお・す ‥なほす

精選版 日本国語大辞典の解説

〘他サ五(四)〙
① 悪いことを良いこととして聞く。悪いことも良いことにおきかえて聞く。
※延喜式(927)祝詞(出雲板訓)「言寿き鎮(しつ)め奉(まつ)る事の漏(も)れ落(お)ちむ事をば、神直日(かむなほひ)の命・大直日の命、聞直(キキナホシ)(み)直して、平らけく安らけく知ろし食せ」
② 聞いて自分の誤りをなおす。聞いて考えなおす。
※枕(10C終)八二「まことならばこそあらめ、おのづからききなほし給ひてむと」
③ 一度すでに聞いたことをまた、聞く。繰り返し聞く。聞き返す。
※春のみやまぢ(1280)四月一六日「是非物を申さず。〈略〉このうへは猶ききなをすべきよし御さたあり」
④ 以前に聞いていたことと違ったことを聞く。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android