肉山脯林(読み)ニクザンホリン

デジタル大辞泉の解説

にくざん‐ほりん【肉山×脯林】

《「帝王世紀」の「夏桀(かけつ)は肉山脯林を為し、殷紂は酒池肉林を為す」から》生肉の山と干し肉の林。宴席などのぜいたくきわまるようすのたとえ。酒池肉林。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にくざんほりん【肉山脯林】

〔「帝王世紀」の夏の桀けつ王の故事による。「脯」は干し肉の意〕
生肉の山と干し肉の林。豪華きわまる宴会のたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android