酒池肉林(読み)シュチニクリン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

池の水のように豊富な酒と、木々の立ち並ぶ林のように架けられた肉の意で、酒や肉などの御馳走(ごちそう)がいっぱいの豪奢(ごうしゃ)な遊楽や酒宴のたとえ。中国、殷(いん)の暴君として知られる紂王(ちゅうおう)は、酒を好んで淫楽(いんらく)にふけり、砂丘に戯れては、酒をもって池とし、肉を架けて林として、その中で男女を裸にして互いに追いかけさせては、長夜の飲をなした。ために百姓たちは遠くからこれを望んでは恨んだ、と『史記』「殷本紀」に伝える。

[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「史記‐殷本紀」の「以酒為池、懸肉為林、使男女倮、相逐其間、為長夜之飲」の故事から) 酒や肉が豊富で豪奢な酒宴をいう。しゅちじじりん。
※史記抄(1477)一九「沙丘は紂が都したる処ぞ。酒池肉林なんどのあった処ぞ」
※雑俳・柳多留拾遺(1801)巻一二下「蚊と蠅は酒池肉林がわき所」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

酒や肉が豊富で奢な酒宴をいう。

[使用例] いやまて、これを何とか売りこんだなら、一生や二生、栄耀栄華酒池肉林の楽しみだって出来ないことはあるまいと、ムラムラッとしたアプレ悪心が一つ――[檀一雄*降ってきたドン・キホーテ|1953]

[解説] 酒をたたえた池と肉を懸けた林のという意味。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酒池肉林の関連情報