酒池肉林(読み)シュチニクリン

大辞林 第三版の解説

しゅちにくりん【酒池肉林】

〔池のように酒をたたえ、林のように肉をかけ並べて酒宴を張ったという「史記殷本紀」に見える紂王ちゆうおうの故事から〕
ぜいたくをきわめた酒宴。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酒池肉林
しゅちにくりん

池の水のように豊富な酒と、木々の立ち並ぶ林のように架けられた肉の意で、酒や肉などの御馳走(ごちそう)がいっぱいの豪奢(ごうしゃ)な遊楽や酒宴のたとえ。中国、殷(いん)の暴君として知られる紂王(ちゅうおう)は、酒を好んで淫楽(いんらく)にふけり、砂丘に戯れては、酒をもって池とし、肉を架けて林として、その中で男女を裸にして互いに追いかけさせては、長夜の飲をなした。ために百姓たちは遠くからこれを望んでは恨んだ、と『史記』「殷本紀」に伝える。[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅち‐にくりん【酒池肉林】

〘名〙 (「史記‐殷本紀」の「以酒為池、懸肉為林、使男女倮、相逐其間、為長夜之飲」の故事から) 酒や肉が豊富で豪奢な酒宴をいう。しゅちじじりん。
※史記抄(1477)一九「沙丘はが都したる処ぞ。酒池肉林なんどのあった処ぞ」
※雑俳・柳多留拾遺(1801)巻一二下「蚊と蠅は酒池肉林がわき所」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android