コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肌焼鋼 はだやきこう case-hardening steel

2件 の用語解説(肌焼鋼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肌焼鋼
はだやきこう
case-hardening steel

特別な鋼種の名称ではなく,浸炭表面硬化に適する構造用鋼の総称。炭素含量を 0.20%以下の程度に押えて浸炭しやすくし,内部は低炭素で粘靭性を保つのがねらいで,炭素鋼も低合金鋼もある。炭素含量の高い鋼に浸炭する場合はあらかじめ酸化鉄粉 (鉄鉱石,ミルスケールなど) で包んで加熱し脱炭しておかなければならない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はだやきこう【肌焼鋼 surface‐hardened steel】

表面に熱処理化成処理をして硬化層を生成させるための鋼。強度と靱性(じんせい)とはしばしば矛盾した関係になることが多い。つまり,歯車,軸などの機械部品は,表面がとくに硬くて耐摩耗性が大きく,芯部は粘さをもち衝撃的荷重に耐えられる性質が要求される。このために肌焼という表面硬化処理や部分焼入れ行われる。硬化法としては焼入れ・焼戻し浸炭窒化などの表面化成処理がある。また表面を浸炭したのち焼入れ・焼戻しを行う複合処理もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

肌焼鋼の関連キーワードパラレル処理表面硬化アルマイト熱処理炉非加熱化成処理延伸・熱処理機アイ・シイ・エス浜松熱処理工業熱処理 (heat treatment)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone