コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝和え きもあえ

2件 の用語解説(肝和えの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

きもあえ【肝和え】

タラや鳥の肝、アワビの腸わたなどをすりまぜた味噌で、魚や野菜を和えた料理。
アンコウの肝を酒や調味料を加えてすりのばし、アンコウの魚肉や野菜を和えた料理。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

きもあえ【肝和え】

あんこう・たら・鶏などの肝、あわびのわたなどを調味して和え衣に用いた和え物。◇和える材料と和え衣を同じ食材からとるもの(たとえばあんこうの身をあんこうの肝で和えるもの)をいうことが多く、この場合は「とも和え」ともいう。⇒とも和え

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肝和えの関連キーワードマダカアワビ鮑の片思い鮑熨斗打ち鮑共和え花鮑干し鮑物侘しい腸煮干しあわび

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

肝和えの関連情報