コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝和え(読み)きもあえ

大辞林 第三版の解説

きもあえ【肝和え】

タラや鳥の肝、アワビの腸わたなどをすりまぜた味噌で、魚や野菜を和えた料理。
アンコウの肝を酒や調味料を加えてすりのばし、アンコウの魚肉や野菜を和えた料理。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

きもあえ【肝和え】

あんこう・たら・鶏などの肝、あわびのわたなどを調味して和え衣に用いた和え物。◇和える材料と和え衣を同じ食材からとるもの(たとえばあんこうの身をあんこうの肝で和えるもの)をいうことが多く、この場合は「とも和え」ともいう。⇒とも和え

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android