共和え(読み)ともあえ

大辞林 第三版の解説

ともあえ【共和え】

魚介類の身を具とし、あえ衣に肝を使うなど、あえるものとあえ衣の材料が同じであるようなあえもの。アンコウ・アワビなどが用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ともあえ【共和え】

和え物で、和える材料と和え衣を同じ食材からとるもの。あわびなまこ・いか・あんこう・かわはぎなどの魚介類の身をその肝で和えたものをいうことが多く、この場合は「肝和え」ともいう。また、たら・鯛・なまこ・ふななどの魚介類の身をその卵で和えたものもあり、この場合は「親子和え」ともいう。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる