コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共和え ともあえ

2件 の用語解説(共和えの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ともあえ【共和え】

魚介類の身を具とし、あえ衣に肝を使うなど、あえるものとあえ衣の材料が同じであるようなあえもの。アンコウ・アワビなどが用いられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ともあえ【共和え】

和え物で、和える材料と和え衣を同じ食材からとるもの。あわび・なまこ・いか・あんこう・かわはぎなどの魚介類の身をその肝で和えたものをいうことが多く、この場合は「肝和え」ともいう。また、たら・鯛・なまこ・ふななどの魚介類の身をその卵で和えたものもあり、この場合は「親子和え」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

共和えの関連キーワード卸し和え肝和え和え衣胡麻和え和え物/韲え物磯辺和え梅和え酒盗和え白酢和え鱈子和え

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

共和えの関連情報