コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝膾 キモナマス

デジタル大辞泉の解説

きも‐なます【肝×膾】

肝を切り刻んでなますにすること。また、そのなます。
「わが心にかなはば、用ひん。かなはずは、―につくらん」〈宇治拾遺・一五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きもなます【肝膾】

肝を膾なますに作ること。内臓を切りきざむこと。 「わが心にかなはば、用ひん。かなはずは-につくらん/宇治拾遺 15
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肝膾の関連情報