コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膾/鱠 ナマス

デジタル大辞泉の解説

なます【×膾/×鱠】

古くは、・貝・などの生肉を細かく刻んだもの。のちに、魚・貝や野菜などを刻んで生のまま調味酢であえた料理をさす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

膾【なます】

鱠とも書く。酢の物の一種。日本の古い調理法で,生肉(なましし)のつまった語といい,古くは鳥獣肉の膾,魚介肉の鱠があった。現在は魚介肉,野菜が主で,細かく切り,三杯酢,酢みそ,たで酢,醤(ひしお),からし酢,いり酒酢などであえ,生で食べる。
→関連項目刺身

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

膾/鱠の関連キーワード蛇に噛まれて朽縄に怖じる羹に懲りて膾を吹く洗い・洗膾・洗魚人口に膾炙する男は気で持て磐鹿六鴈命一汁五菜一汁三菜永田善斎蓴羹鱸膾磐鹿六鴈淵上旭江膾を吹くあつもの近藤篤山膾に叩くきぶい肉・宍膳長野一の膳

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android