コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

股白蝙蝠 ももじろこうもり

大辞林 第三版の解説

ももじろこうもり【股白蝙蝠】

翼手目ヒナコウモリ科の哺乳類。頭胴長約5センチメートル、前腕長約4センチメートル。後ろ足が大きい。体の背面は黒褐色、腹面は灰褐色で、下腹部から後ろ足にかけて白色の毛を生ずる。洞窟どうくつや古い坑道などにすみ、昆虫を食べる。日本に広く分布する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

股白蝙蝠 (モモジロコウモリ)

学名:Myotis macrodac tylus
動物。ヒナコウモリ科のコウモリの一種

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android