こうもり

デジタル大辞泉プラスの解説

こうもり

オーストリアの作曲家ヨハン・シュトラウス2世のドイツ語による全3幕のオペレッタ(1873)。原題《Die Fledermaus》。ウィンナ・オペレッタの最高傑作として知られる。

こうもり

宝塚歌劇団による舞台演目のひとつ。副題は「こうもり博士の愉快な復讐劇」。作:谷正純。2016年、宝塚大劇場にて星組が初演。ヨハン・シュトラウス2世の同名のオペレッタに基づくミュージカル

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

こうもり
こうもり
Die Fledermaus

ワルツ王ヨハン・シュトラウス作曲のオペレッタ。全3幕。1874年ウィーン初演。原典はベネディクスの喜劇『監獄』だが、これをフランスでボードビル化したものを、さらにC・ハフナーとR・ジュネがウィーン風のオペレッタ台本にした。資産家アイゼンシュタインは、知事を侮辱した件で監獄へ行くはめになったが、その前夜ファルケ博士に誘われ、オルロフスキー公爵の舞踏会へ行く。そこで仮面のハンガリーの貴婦人を妻のロザリンデとも知らずに誘惑、時計をとられてしまう。翌朝、監獄へ出頭し、妻が留守中に愛人アルフレッドと会っていたことを知り怒るが、時計を見せられて降参。この茶番は、実は彼に「こうもり」とあだ名されたファルケの仕組んだ復讐(ふくしゅう)劇とわかり、怒りもシャンパンの泡と消える。夢のようなワルツのなかに男女の心の機微がみごとに描かれた、オペレッタの最高傑作。日本では1952年(昭和27)東京オペラ協会が仙台で初演した。[寺崎裕則]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こうもりの関連情報