肺書(読み)はいしょ(英語表記)book lung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「肺書」の解説

肺書
はいしょ
book lung

書肺,気管脚ともいう。クモ綱にみられる呼吸器官。多数の葉状体が集った構造をしていて,腹部左右に1~4対そなわる。真性クモ類では2対の呼吸器官をもつが,そのうち1対が普通の気管であるや,さらに2対とも気管である種もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の肺書の言及

【書肺】より

…肺書lung‐bookともいう。蛛形(ちゆけい)類の腹部下面前方にある呼吸器官(図1)。…

※「肺書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android