コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呼吸器官 コキュウキカン

デジタル大辞泉の解説

こきゅう‐きかん〔コキフキクワン〕【呼吸器官】

呼吸器

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

呼吸器官【こきゅうきかん】

呼吸呼吸)のために特に分化した器官。一般に薄い膜と豊富な体液供給をもつこと,突起,襞(ひだ)おれ,分岐などにより総表面積を著しく増大していることが特徴。水呼吸をする動物(環形・軟体・節足動物などの無脊椎動物両生類幼生魚類など)では(えら)が,空気呼吸の動物ではがおもな呼吸器官である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呼吸器官
こきゅうきかん

外呼吸のために分化した器官をいう。体のつくりが単純な動物は、皮膚を通してガス交換を行い、特別な呼吸器官をもたない。しかし、高等動物になるにつれて体制が複雑になり、体内の物質代謝も盛んになる。その結果、皮膚からの拡散作用による酸素吸収だけでは、呼吸には不十分となる。そこで、ガス交換を効率よく行うために呼吸器官が分化発達してきた。呼吸器官は、薄い膜と発達した血管系からなる呼吸表面をもつ。呼吸表面は表面積を増すために、しわや分岐、突起をもち、ガス交換が効率よく行われるように適応している。
 脊椎(せきつい)動物の呼吸は、えらや肺で行われる。また、咽頭(いんとう)粘膜、うきぶくろ、食道、胃や腸、排出口、皮膚などで行われるものもある。魚類のえらは、消化管の咽頭部が膨らんでできたものである。うきぶくろも消化管壁の一部が変化したものであり、肺魚や高等脊椎動物の肺と相同な器官である。肺は、イモリなどでは薄い膜でできた袋であるが、高等動物になるにつれて複雑になり、哺乳(ほにゅう)類では気管は細分化し、肺胞が発達している。肺胞の外側は毛細血管網で取り囲まれている。水生の有尾両生類の肺は、体の浮沈を調節する役割をもち、呼吸はおもに皮膚で行われているといわれる。鳥類では、肺に付属して気嚢(きのう)があり、飛行中に呼気を一時ためておくのに役だっている。
 環形動物、軟体動物、節足動物などの水生無脊椎動物では、えらが発達している。環形動物のゴカイの仲間では、体節ごとにある側脚の一部が突出してえらとなっている。軟体動物の二枚貝は櫛鰓(しっさい)(くしえら)をもち、ウミウシなどの仲間は弁状のえらをもっている。頭足類のえらは1対または2対で、えら心臓をもっている。節足動物の甲殻類では、脚(あし)の付け根にえらがある。昆虫類、クモ類では気管系が発達している。各体節に開口した気門から取り入れられた空気は、細かく分枝した気管により体中に運ばれる。クモには気管のほかに書肺がある。[高橋純夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の呼吸器官の言及

【呼吸】より

…【辻英夫】
【動物の呼吸】
 18世紀の末になって,呼吸の実体は,動物が外界からO2を吸収し,外界にCO2を排出することであることがわかった。さらに呼吸器官から取り込まれたO2は,血液によって体中の細胞にまで運ばれ,CO2は逆に細胞から放出されて,血液によって呼吸器官に運ばれるということも明らかにされた。そこで動物と外界とのガス交換を外呼吸,体液と細胞とのガス交換や細胞内での酸化的分解過程を内呼吸(細胞呼吸,組織呼吸)といって区別するようになった。…

※「呼吸器官」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

呼吸器官の関連キーワードヘモグロビンキノボリウオ尿嚢・尿囊えら(鰓)皮膚呼吸カンジダ迷路器官血液色素気管系気管支漿尿膜木登魚内胚葉器官系呼吸樹外呼吸気管鰓気門表皮喉頭

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

呼吸器官の関連情報