コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胃液分泌抑制ペプチド

栄養・生化学辞典の解説

胃液分泌抑制ペプチド

 ガストリック-インヒビトリー-(ポリ)ペプチドグルコース依存インスリン分泌刺激ペプチドともいう.小腸のホルモンで,43のアミノ酸からなる.本来胃酸分泌抑制作用のあるペプチドとして発見されガストリック-インヒビトリー-ポリペプチドとよばれたが,近年は,その機能から,糖の存在下でインスリン分泌を刺激する作用が重視されており,グルコース依存インスリン分泌刺激ペプチドと呼び変えられつつある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

胃液分泌抑制ペプチドの関連キーワードガストリック

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android