胡坐鍋(読み)アグラナベ

デジタル大辞泉の解説

あぐら‐なべ【胡坐鍋】

あぐらをかき、でものを煮ながら食べること。また、その鍋。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あぐらなべ【胡坐鍋】

あぐらをかき、鍋で物を煮ながら食べること。また、その鍋。
書名(別項参照)。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あぐら‐なべ【胡坐鍋】

〘名〙 気楽にあぐらをかいて、鍋で物を煮ながら食べること。また、その鍋。
※歌舞伎・木間星箱根鹿笛(1880)四幕「断琴の交りと堅くは行かぬが牛店で、胡座鍋(アグラナベ)の親友故、若干(なにがし)か進ぜたいが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android