若干(読み)ジャッカン

デジタル大辞泉の解説

じゃっ‐かん〔ジヤク‐〕【若干】

《「干」を「一」と「十」に分解して、一の若(ごと)く十の若しの意から》はっきりしないが、それほど多くはない数量を表す。いくらか。少しばかり。多少。「若干の金を借りる」「若干問題がある」「若干名」
多少(たしょう)用法

そくば‐く【若干/幾許】

[副]そこばく」に同じ。
「―の油を取りて」〈紅葉金色夜叉

そこ‐ば【若干/幾許】

[副]そこばく」に同じ。
「神(かむ)からや―貴き」〈・三九八五〉

そこば‐く【若干/幾許】

[副]
いくらか。いくつか。そくばく。
「運動費の―を寄附した事もあった」〈広津和郎・風雨強かるべし〉
「―選ばれたる人々に劣らず御覧ぜらる」〈宇津保・吹上下〉
数量の多いさま。たくさん。多く。
「寄手―討たれにければ、赤松わづかの勢になって」〈太平記・八〉
程度のはなはだしいさま。たいへん。非常に。
「―広き天竺」〈今昔・五・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じゃっ‐かん ジャク‥【若干】

〘名〙 (「干」を分解して「一」と「十」にし、一の若(ごと)く十の若しの意からという。副詞的にも用い、あまり多くはない数量や高くはない程度で、定まらない場合にいう) いくらか。少しばかり。そこばく。若許(じゃっきょ)
※将門記(940頃か)「何ぞ若干の財物を虜領せしめ」
※ボロ家の春秋(1954)〈梅崎春生〉「野呂も〈略〉若干あをざめてゐました」 〔礼記‐曲礼〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報