胡馬北風に嘶う(読み)こばほくふうにいばう

精選版 日本国語大辞典「胡馬北風に嘶う」の解説

こば【胡馬】 北風(ほくふう)に嘶(いば)

胡馬は北風の吹くごとに故郷の胡地を慕って嘶(いなな)く。故郷のなつかしく忘れ難いことたとえ。胡馬北風による。
※平治(1220頃か)下「越鳥南枝に巣をかけ、胡馬北風にいばへけるも、生土を思ふ故ぞかし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android