故郷(読み)コキョウ

デジタル大辞泉「故郷」の解説

こきょう【故郷】[作品名]

《原題、〈ドイツ〉Heimatズーダーマン戯曲。1893年の作。主人公のマグダは、「人形の家」の主人公ノラと並び、19世紀末の「目覚めた女性」の象徴とされる。
魯迅の短編小説。1921年「新青年」に発表。20年ぶりに故に戻った主人公の体験を描く。
伊藤信吉の第1詩集。昭和8年(1933)刊行。以後、第2詩集「上州」の刊行まで、40年以上にわたり詩作を絶った。

こ‐きょう〔‐キヤウ〕【故郷/古郷】

生まれ育った土地。ふるさと。郷里。「―へ帰る」「第二の―」「生まれ―」
[補説]作品名別項。→故郷

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「故郷」の解説

故郷(ふるさと)

日本の唱歌題名作詞高野辰之作曲岡野貞一。発表年は1914年。歌いだしは「追いしかの山 小鮒釣りしかの川」。2007年、文化庁と日本PTA全国協議会により「日本の歌百選」に選定

故郷

1972年公開の日本映画。監督原作脚本山田洋次、脚本:宮崎晃、撮影:高羽哲夫。出演井川比佐志倍賞千恵子、伊藤千秋、伊藤まゆみ、笠智衆渥美清、前田吟ほか。

故郷

1923年公開の日本映画。監督・原作:溝口健二、撮影:岩村友蔵。出演:山本嘉一、小栗武雄、吉田豊作、宮島啓夫、南光明、藤井源一ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android