コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

故郷/古郷 コキョウ

デジタル大辞泉の解説

こ‐きょう〔‐キヤウ〕【故郷/古郷】

生まれ育った土地。ふるさと。郷里。「―へ帰る」「第二の―」「生まれ―」
[補説]作品名別項。→故郷

こきょう【故郷】[作品名]

《原題、〈ドイツ〉Heimatズーダーマン戯曲。1893年の作。主人公のマグダは、「人形の家」の主人公ノラと並び、19世紀末の「目覚めた女性」の象徴とされる。
魯迅の短編小説。1921年「新青年」に発表。20年ぶりに故に戻った主人公の体験を描く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

故郷

1972年公開の日本映画。監督・原作・脚本山田洋次、脚本:宮崎晃、撮影:高羽哲夫。出演:井川比佐志倍賞千恵子、伊藤千秋、伊藤まゆみ、笠智衆渥美清、前田吟ほか。

故郷

1923年公開の日本映画。監督・原作:溝口健二、撮影:岩村友蔵。出演:山本嘉一、小栗武雄、吉田豊作、宮島啓夫、南光明、藤井源一ほか。

故郷(ふるさと)

日本の唱歌の題名。作詞:高野辰之、作曲:岡野貞一。発表年は1914年。2007年、文化庁日本PTA全国協議会により「日本の歌百選」に選定。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

こきょう【故郷】

生まれ育った土地。ふるさと。郷里。

ふるさと【故郷】

文部省唱歌。高野辰之の詩に岡野貞一が作曲。1914年(大正3)刊の「尋常小学唱歌(六)」に発表。「兎追いしかの山小鮒釣しかの川…」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

故郷/古郷の関連キーワード故郷は遠きにありて思うもの生まれ故郷・生れ故郷錦衣を着て故郷に帰る故郷へ錦を飾る錦衣故郷に帰る思いを馳せる故郷忘じ難し帰心矢の如しハイマート老いを養う錦を飾る後にするデラシネ斗米官遊御国自慢所自慢夏木立国自慢帰還兵補説

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android