北風(読み)キタカゼ

デジタル大辞泉の解説

きた‐かぜ【北風】

北方から吹いてくる冷たい風。きた。 冬》「―や石を敷きたるロシア町/虚子

ほく‐ふう【北風】

北から吹く風。きたかぜ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きたかぜ【北風】

北方から吹いてくる冬の季節風。北からの冷たい風。きた。 [季] 冬。 ⇔ 南風

きたかぜ【北風】

摂津国兵庫の豪商の家名。

ほくふう【北風】

北から吹く風。きたかぜ。 ⇔ 南風なんぷう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北風
きた

北風を略して北(きた)ということがある。北風は南風に比較して寒冷であり、日本では冬は北寄りの風がその天候を支配する。これは大陸から日本海、東シナ海を吹き渡ってくる風であり、その発源地の内陸においては乾燥していて低温である。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北風の関連情報