北風(読み)キタカゼ

デジタル大辞泉の解説

きた‐かぜ【北風】

北方から吹いてくる冷たい風。きた。 冬》「―や石を敷きたるロシア町/虚子

ほく‐ふう【北風】

北から吹く風。きたかぜ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きたかぜ【北風】

北方から吹いてくる冬の季節風。北からの冷たい風。きた。 [季] 冬。 ⇔ 南風

きたかぜ【北風】

摂津国兵庫の豪商の家名。

ほくふう【北風】

北から吹く風。きたかぜ。 ⇔ 南風なんぷう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北風
きた

北風を略して北(きた)ということがある。北風は南風に比較して寒冷であり、日本では冬は北寄りの風がその天候を支配する。これは大陸から日本海、東シナ海を吹き渡ってくる風であり、その発源地の内陸においては乾燥していて低温である。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きた‐かぜ【北風】

〘名〙
① 北の方角から吹いてくる冷たい風。きた。きたうち。《季・冬》
※土左(935頃)承平五年一月二五日「かぢとりらの、『きたかぜあし』といへば」
※俳諧・猿蓑(1691)五「いちどきに二日の物も喰て置〈凡兆〉 雪げにさむき嶋の北風〈史邦〉」
② (「北」は江戸城の北方に当たる新吉原をいい、そこをさまよう者の意から) 遊里通いをする者をあざけっていう語。〔随筆・足薪翁記(1842頃)〕

ほく‐ふう【北風】

〘名〙 北の方から吹く風。朔風。きたかぜ。
※万葉(8C後)一八・四一三二・題詞「身異胡馬、心悲北風」 〔詩経‐邶風・北風〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北風の関連情報