北風(読み)キタカゼ

デジタル大辞泉の解説

きた‐かぜ【北風】

北方から吹いてくる冷たい風。きた。 冬》「―や石を敷きたるロシア町/虚子

ほく‐ふう【北風】

北から吹く風。きたかぜ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きたかぜ【北風】

北方から吹いてくる冬の季節風。北からの冷たい風。きた。 [季] 冬。 ⇔ 南風

きたかぜ【北風】

摂津国兵庫の豪商の家名。

ほくふう【北風】

北から吹く風。きたかぜ。 ⇔ 南風なんぷう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北風
きた

北風を略して北(きた)ということがある。北風は南風に比較して寒冷であり、日本では冬は北寄りの風がその天候を支配する。これは大陸から日本海、東シナ海を吹き渡ってくる風であり、その発源地の内陸においては乾燥していて低温である。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北風の関連情報