コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北風 キタカゼ

デジタル大辞泉の解説

きた‐かぜ【北風】

北方から吹いてくる冷たい風。きた。 冬》「―や石を敷きたるロシア町/虚子

ほく‐ふう【北風】

北から吹く風。きたかぜ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きたかぜ【北風】

北方から吹いてくる冬の季節風。北からの冷たい風。きた。 [季] 冬。 ⇔ 南風

きたかぜ【北風】

摂津国兵庫の豪商の家名。

ほくふう【北風】

北から吹く風。きたかぜ。 ⇔ 南風なんぷう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北風
きた

北風を略して北(きた)ということがある。北風は南風に比較して寒冷であり、日本では冬は北寄りの風がその天候を支配する。これは大陸から日本海、東シナ海を吹き渡ってくる風であり、その発源地の内陸においては乾燥していて低温である。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

北風の関連キーワード羽田空港への飛行ルート変更夫婦喧嘩と北風は夜凪がする北風六右衛門(1)北風六右衛門(2)越鳥南枝に巣くうヒュペルボレオイ胡馬北風に嘶ゆ胡馬北風に依る北風荘右衛門ミストラル寒川光太郎筑波東北風肩を窄める渡辺政太郎北風と太陽寒の戻り吹き頻る16方位ボレアスはじかむ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北風の関連情報