コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北風 キタカゼ

7件 の用語解説(北風の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きた‐かぜ【北風】

北方から吹いてくる冷たい風。きた。 冬》「―や石を敷きたるロシア町/虚子

ほく‐ふう【北風】

北から吹く風。きたかぜ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

北風

日本のポピュラー音楽。歌はシンガーソングライター、槙原敬之。1991年発売。翌年タイトルを「北風~君にとどきますように~」のタイトルでアレンジを変更し再発売された。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

きたかぜ【北風】

北方から吹いてくる冬の季節風。北からの冷たい風。きた。 [季] 冬。 ↔ 南風

きたかぜ【北風】

摂津国兵庫の豪商の家名。

ほくふう【北風】

北から吹く風。きたかぜ。 ↔ 南風なんぷう

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北風
きた

北風を略して北(きた)ということがある。北風は南風に比較して寒冷であり、日本では冬は北寄りの風がその天候を支配する。これは大陸から日本海、東シナ海を吹き渡ってくる風であり、その発源地の内陸においては乾燥していて低温である。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北風の関連情報