コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胴枯れ病 ドウガレビョウ

デジタル大辞泉の解説

どうがれ‐びょう〔‐ビヤウ〕【胴枯れ病】

リンゴ・クワ・カラマツなどの樹木の幹に子嚢菌など病原菌が寄生し、そこから上が枯れる病気。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうがれびょう【胴枯れ病】

樹木の病害の一。幹や枝に生じた病斑びようはんがその部分を取り巻くと、そこから上が枯死するもの。普通、子囊しのう菌によるものをいう。クワ・クリに多い。腐爛病。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

胴枯れ病の関連キーワード病害

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android