コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胴枯れ病 ドウガレビョウ

デジタル大辞泉の解説

どうがれ‐びょう〔‐ビヤウ〕【胴枯れ病】

リンゴ・クワ・カラマツなどの樹木の幹に子嚢菌など病原菌が寄生し、そこから上が枯れる病気。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どうがれびょう【胴枯れ病】

樹木の病害の一。幹や枝に生じた病斑びようはんがその部分を取り巻くと、そこから上が枯死するもの。普通、子囊しのう菌によるものをいう。クワ・クリに多い。腐爛病。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone