胸に当たる(読み)むねにあたる

精選版 日本国語大辞典「胸に当たる」の解説

むね【胸】 に 当(あ)たる

に思いあたる。心に強く感じる。
徒然草(1331頃)四一「かほどの理(ことわり)、誰かは思ひよらざらんなれども、折からの、思ひかけぬ心地して、胸にあたりけるにや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「胸に当たる」の解説

むねた・る

思い当たる。心に強く感じる。
夜中魑魅魍魎ちみもうりょうおそわれたのも、思い出して、私は犇々ひしひしと―・った」〈鏡花高野聖

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android